リッツ・カールトン流おもてなし講座 Vol.27 - セルフ・プロデュースでファンを得るためには?

リッツ・カールトン流おもてなし講座 Vol.27 - セルフ・プロデュースでファンを得るためには?

 

2018年12月号記事

 

仕事の成果が出る!

リッツ・カールトン流おもてなし講座 Vol.27

 

世界最高峰のおもてなしで多くの人を感動させる「ザ・リッツ・カールトン・ホテル」の元日本支社長の高野登氏に、仕事の悩みを解決するヒントを聞きます。

 

Happy Cafe 店長

マミ

元気で明るい。何でも前向きにトライ。たまに、おっちょこちょいなところも。

 

今月のマミ店長の悩み

セルフ・プロデュースでファンを得るためには?

 

 

 実は、私自身のセルフ・プロデュースについては考えたことがないんです。私の仕事はリッツ・カールトンをプロデュースして、ブランドとして確立することだったので。講演などの仕事も、自分で営業したことはありません。

 ただ、一つ心がけているのは、いただいた仕事一つひとつにおいて、相手から期待されていることを150%ぐらいでお返しすることです。これは時間の長さではなく「中身の濃さ」です。

 例えば、「このテーマで講演してください」と依頼されて、90分の時間と数十万円の講演料をいただいたとします。その講演において、依頼主から見て、「どう安く見積もっても講演料の1.5倍以上の話が聞けた」と思っていただけるような価値を提供し続けることです。そのための準備を怠らないことが大事です。そうすると、「またお願いします」という展開になります。

 やはり、「仕事の報酬は次の仕事」です。だから、いい仕事をすると次の仕事がやってきます。またそこで期待を超えていくと、次の仕事がやってくるのです。

 自分自身でプロデュースしなくても、第三者が自分をプロデュースしてくれる状況になれば、それが最強だということです。

 また、自分が持っている力を100%出し続けただけでは、自分の成長にはつながりません。筋トレと同じで、少しずつ負荷を増やしていくことで、より大きな負荷にも耐えられるようになります。だから常に150%以上のものを提供することを心がけているのです。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

聴衆のニーズを読むためには?

相手に伝わる話をするための心がけは?

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年12月号記事  リッツ・カールトン  おもてなし講座  高野登  講演  著名知識人  ニーズ  共通言語  情報処理  期待  

Menu

Language