経営危機を何度でも乗り越える力 トヨタグループ豊田佐吉 - 創業者物語「初めの10年」

経営危機を何度でも乗り越える力 トヨタグループ豊田佐吉 - 創業者物語「初めの10年」

愛知県名古屋市のトヨタ産業技術記念館に展示されたG型自動織機。写真:読売新聞/アフロ

 

2018年12月号記事

 

不定期連載

 

創業者物語「初めの10年」

 

第1回

 

トヨタグループ  豊田佐吉

経営危機を何度でも乗り越える力

 

多くの企業は、「創業から初めの10年で潰れる」と言われる。

不況に見舞われ、販売不振に苦しみ、資金繰りに頭を抱える。

しかし、一部の経営者はそうした試練をくぐり抜けていく。

なぜそんなことができるのか。その秘訣を過去の事例から学ぶ。

 

 

1回目の挫折(20歳)

「何かお国のためになることをしなければ、せっかく男に生まれた甲斐がない」

 豊田佐吉は子供のころからこう志していた。『自助論』を読んだことも影響した。この本には、身分の低い貧しい家の生まれの子が必死の努力を続け、ついには世界的な発明家になったという話がたくさん載っている。

 佐吉は貧しい大工の子。その気になって発明家になる決意をした。ところが周囲の人は、真剣に夢を追う佐吉を笑った。

「書籍もなければ、先生もない。先生どころか、話し相手さえない。たまたま周囲の人の声がすると思えば、それは自分を謗る声であった。あざ笑う声であった。はては皆自分を狂人扱いにした」

 思い悩んだ佐吉は、20歳の時に無断で家を飛び出し、大工仲間の友人と東京に向かった。目的は最先端の工場の視察だ。無断侵入をして何度も叱られながら、軍事工場などを見て回った。

 大いに刺激を受けた佐吉が東京から戻って取り組んだのは、「無限動力の発明」だった。つまり、一度スイッチを入れたら永遠に動き続ける「永久機関」。子供の空想レベルのアイデアだ。当然失敗した。

 しかし、佐吉の発明熱は冷めない。周囲のどの家にも手織りの織機があることに気づく。非常に非効率な方法で織っている。

「改良してもっと速く織れるようにすれば、安い木綿が買えるようになる。これほどお国のためになるものはない!」

 そう考え、手近な織機の改良発明を志した。こうして佐吉は生涯の仕事に入った。無謀な発明は頓挫したが、それによって天命と出会ったわけである。

 

無謀な思いつきに邁進する

手近な目標に設定し直す

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページからのポイント

2回目の挫折(21歳ごろ)

3回目の挫折(24歳)

4回目の挫折(25歳ごろ)

5回目の挫折(27~29歳)

6回目の挫折(31歳)

7回目の挫折(36歳ごろ)

8回目の挫折(44歳ごろ)

挫折の中でも志を失わない

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年12月号記事  創業者物語  豊田佐吉  トヨタグループ  創業  不況  資金繰り  経営者  挫折  目標  豊田式汽力織機  努力  年表  村上俊樹  

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号

大川隆法 大講演会
エル・カンターレ祭

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


上記のフォームから、本会場・幕張メッセへのウェブ予約ができます。申込対象は、以下の条件を満たす方です。

・幸福の科学 未会員

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※会員の方は所属の支部でお申し込みください。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※未成年の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


講演会のウェブ予約は 12月8日(土) 12:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

QRコードを読み取り、そのまま空メールを送信いただいても結構です。

ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language