映画「パパはわるものチャンピオン」に見る、背中で語る男学

映画「パパはわるものチャンピオン」に見る、背中で語る男学

©2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会

 

男の栄光と挫折、そして自らのプライドと家族のために立ち上がる姿を描いた映画「パパはわるものチャンピオン」が、21日より全国公開されている。

 

かつてはエースレスラーとして、スポットライトを浴びていたプロレスラーの大村孝志。しかし膝に大けがを負い、長期離脱を余儀なくされてしまった。それから10年。孝志は悪役レスラー「ゴキブリマスク」として、反則技を使い、客席からブーイングを浴びる日々を送っている。

 

妻・詩織は変わらず応援してくれるが、孝志は9歳になる息子の祥太に自分の仕事を言い出せずにいた。

 

ある日、父親の仕事を知りたくなった祥太は、孝志が運転する車にこっそり乗り込む。着いた先はプロレスの試合会場。そこで大好きな父親が、悪役レスラーとしてリングに上がる姿を見てしまう。

 

「わるもののパパなんて大嫌いだ」と言われ、ショックを受ける孝志。このままでいいのかと自問自答し、悩む孝志に、願ってもないチャンスが舞い込む。トップレスラー・ドラゴンジョージが、孝志をタイトルマッチの相手に指名したのだ。

 

膝に不安を抱え、勝ち目のない戦いと思いながらも、受けて立つと決めた孝志。試合に勝って栄光を取り戻し、息子との絆を取り戻すことはできるのか――。

 

©2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会

 

 

地道に努力を続ける姿が伝える「パパの男学」

孝志を演じるのは、「愛してまーす!」の決め台詞と、それまでのプロレスラーのイメージとは一線を画す端正なルックス、そして、必殺技のハイフライフローを武器にプロレス界に新風を吹き込んだ、新日本プロレスの棚橋弘至(たなはし・ひろし)。

 

さらに、孝志が所属するライオンプロレスには、オカダ・カズチカや田口隆祐、真壁刀義、天山広吉、小島聡、永田裕志、中西学などの現役レスラーが勢ぞろい。プロレスシーンは思わず手に汗を握る迫力に満ちている。

 

 

豪華レスラー陣の演技もさることながら、本作の見どころは、プロレスという舞台を使って、一般社会の働く人々には誰にでも起こりえる栄光と挫折、そして奮闘する姿を描いていることだろう。

 

尊敬する大好きな父親が悪役として卑怯な手を使い、観客からブーイングを浴びる。まだ幼い息子がショックを受けるのも当然で、孝志が自分の職業を打ち明けられなかったのも理解できる。

 

しかし、悪役がいるからスターが輝く。陰で支える人がいるからこそ、全体として成果が生まれる。

 

加えて、かつてはエースレスラーとして栄光を欲しいままにしながら、現在は引き立て役に甘んじる自分に、プライドが傷つき、レスラーとしての在り方を自答する姿を、自分に重ね合わせる人もいるだろう。

 

何らかの理由でブランクが発生し、本調子を取り戻せないでいるうちに、若手がめきめきと台頭している……。仕事など、人生を懸けて打ち込んできたものほど、ショックは大きく、存在価値を自問自答してしまう。

 

しかし孝志はそんな中でも、ひたすらに練習に励んだ。そのひたむきな姿が、タイトルマッチというビッグチャンスを引き寄せたといえる。

 

孝志の真っすぐな思いと、どん底から這い上がり、勝ち目のない戦いに向かうひたむきな姿は、息子・祥太に届くのか。ぜひ劇場で確かめてみてほしい。

(駒井春香)

 

【公開日】
2018年9月21日(金)より全国ロードショー
【配給】
ショウゲート
[公式サイト]http://papawaru.jp/
【スタッフ】
監督・脚本:藤村享平
【キャスト】
出演:棚橋弘至、木村佳乃、寺田心、仲里依紗 ほか
タグ: パパはわるものチャンピオン  プロレスラー  棚橋弘至  パパわる  寺田心  木村佳乃  仲里依紗  

Menu

Language