イラン制裁を再開 トランプの真の狙いとは - ニュースのミカタ 1

イラン制裁を再開 トランプの真の狙いとは - ニュースのミカタ 1

チャドルをまとうイランの女性。国民の多くは「自由と繁栄」を求めている。写真:AP/アフロ

 

2018年10月号記事

 

ニュースのミカタ 1

国際

 

イラン制裁を再開

トランプの真の狙いとは

 

 イラン核合意からの離脱を表明したトランプ米大統領は8月上旬、イランへの制裁を再開する大統領令に署名しました。

 イラン政府は米ドルを購入できなくなり、イランと貴金属や鉄鋼、自動車部品などの取引をした企業は制裁対象となります。これは米企業だけでなく、日本や欧州の企業にも適用されます。

 11月までに、イラン産の原油の輸入禁止や、イラン中央銀行との取引禁止も始まる予定です。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年10月号記事  ニュースのミカタ  イラン  制裁  トランプ  核合意  輸入禁止  イスラム  自由  非核化  抗議デモ  

Menu

Language