日本は新冷戦にどう立ち向かうか - 米中冷戦5つの戦場 - 貿易戦争から宇宙戦争へ Part.3

日本は新冷戦にどう立ち向かうか - 米中冷戦5つの戦場 - 貿易戦争から宇宙戦争へ Part.3

 

2018年10月号記事

 

米中冷戦5つの戦場 貿易 技術 金融 宇宙 思想

貿易戦争から宇宙戦争へ

 

中国に貿易戦争を仕掛けているトランプ大統領が、その先に見ている世界とは。

(編集部 長華子、小林真由美、山下格史)

 


contents

日本は新冷戦にどう立ち向かうか - 米中冷戦5つの戦場 - 貿易戦争から宇宙戦争へ Part.3

日本は新冷戦にどう立ち向かうか - 米中冷戦5つの戦場 - 貿易戦争から宇宙戦争へ Part.3


 

日本は新冷戦にどう立ち向かうか

貿易、技術、金融、宇宙、思想の5つの戦場で米中が激突する中、日本はどうすべきか。

 

 

貿易 技術

 

Q 日本の技術を中国からどう守る?

 

A 投資や輸出の規制を強化する

 日本の政府や企業も、中国のハッキングや産業スパイの被害に遭っている。こうした現実を官民で共有し、対策を取る必要がある。

 中国による知的財産の盗用を受け、アメリカは外国企業による投資の規制範囲を拡大した。日本も同様に、外国為替法を改正し、規制範囲を拡大し、審査を厳格化すべきだ。その上で、個人情報を収集しているファーウェイやZTEが製造した通信機器を政府関係者などが使わないように排除するとともに、国民にも警鐘を鳴らす必要がある。

 さらに、大学などの共同研究で技術移転が行われないよう、日本国内のハイテク分野で学ぶ留学生を対象にビザ発給を厳格化するなどの対策や、企業内の産業スパイを調査するための捜査機関をつくる必要がある。

 サイバー攻撃に対する防衛としては、各企業がセキュリティ対策を強化するだけでなく、政府としても、企業をサイバー攻撃から守る"国防体制"の強化が急務だ。

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

Q 中国経済とどう付き合っていく?

Q 米中の宇宙戦争に日本はどう備える?

Q 新冷戦を勝ち抜くために重要な考え方は?

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年10月号記事  米中冷戦  戦争  貿易黒字  アメリカ  人民元  通貨スワップ協定  自由  民主  信仰  知的財産  人権問題  

Menu

Language