商人魂がつくる新しい生活保護モデル 「人情福祉」が人を育て、人を変える - 地域シリーズ 大阪

商人魂がつくる新しい生活保護モデル 「人情福祉」が人を育て、人を変える - 地域シリーズ 大阪

大阪市中央区の道頓堀は、商人・成安道頓が私財を投げ打って開削したといわれている。写真:まちゃー / PIXTA(ピクスタ)

 

2018年10月号記事

 

地域シリーズ 大阪

 

現地ルポ

 

商人魂がつくる新しい生活保護モデル

「人情福祉」が人を育て、人を変える

 

福祉が手厚ければ「優しい社会」と言われる。しかし、役所が機械的に税金を配り、それが人間を誇りと自立から遠ざけているとしたら、それは本当に「人情」なのだろうか。新たな福祉の姿を、大阪で探った。

(編集部 小川佳世子、馬場光太郎、片岡眞有子)

 

生活保護費を受け取るため、窓口に並ぶ受給者たち。(大阪市西成区役所)。写真:AP/アフロ

 

Part 1

 

偽装離婚、働き損、自己嫌悪……

生活過保護より働く喜びと誇りを

 

「最後のセーフティネット」と言われる生活保護。2017年度の生活保護受給者は、全国で約214万人、総支給額は3・8兆円に上る。

 なかでも大阪市は、政令市・中核市で、最も受給者が多い。人口1千人あたりの受給者は53・5人と、東京都の2・5倍に上る。

 

増加する生活保護費が国民の負担に

グラフは共に厚生労働省「生活保護費負担金事業実績報告」より、編集部作成。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

生活保護制度よりも必要なサポートとは?

「真の弱者救済」の企業家・豊田みどり氏、中井政嗣氏、植田実氏インタビュー

生活保護受給者日本一を克服するめに必要なこと。

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年10月号記事  地域シリーズ  大阪  生活保護  よろしい茸  豊田みどり  千房  中井政嗣  サンクレスト  植田実  淀屋常安  岡田心斎  成安道頓  税金  支援  

Menu

Language