靖国に祀られた看護婦 日本を守り抜いた無名の英雄たち Part.2

靖国に祀られた看護婦 日本を守り抜いた無名の英雄たち Part.2

1900年前後の女性看護婦の様子。提供:MeijiShowa.com/アフロ

 

2018年9月号記事

 

明治維新150年

 

命もいらず、名もいらず
日本を守り抜いた

無名の英雄たち

 


contents


 

靖国に祀られた看護婦

 

 

日清戦争

 

岩崎ゆき

Yuki Iwasaki

1877年生まれ。日本赤十字の看護婦だった岩崎は、広島陸軍予備病院で活躍するも、感染症で亡くなる。国のために尽くした功績により、1929年、靖国神社に祀られた。

 日清戦争(1894~95年)では、日本男児の武勇伝が語られることが多いが、実は、女性も奮闘していた。

 その一人が、日本赤十字社京都支部の看護婦だった岩崎ゆき。17歳の岩崎は、数多くの候補者から選抜され、中国戦線で感染症をわずらった兵が収容される広島陸軍予備病院に赴任した。

 当時について、前出の小名木氏は「看護はもともと、男性の仕事でした。陸軍でも当初、予算と風紀の問題により、女性の受け入れには否定的でした。軍人が女性問題を起こせば、軍の名誉が失墜するためです。ただ赤十字の強い要請により、少数の女性を受け入れました。岩崎はその一人です」と話す。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

「命を喜んで捧げる時が来た」

元朝日記者の自己犠牲に敵国が感動

台湾で神様となった3人の日本人 / インタビュー 黄文雄氏

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年9月号記事  明治維新  英雄  英霊  靖国神社  岩崎ゆき  看護婦  日清戦争  横川省三  日露戦争  民間人  黄文雄  著名知識人  台湾  義愛公  

Menu

Language