「特攻の母」は「米兵のマーマ」でもあった 日本を守り抜いた無名の英雄たち Part.3

「特攻の母」は「米兵のマーマ」でもあった 日本を守り抜いた無名の英雄たち Part.3

特攻隊員たちと鳥濱トメ。1945年撮影。写真提供:ホタル館富屋食堂

 

2018年9月号記事

 

明治維新150年

 

命もいらず、名もいらず
日本を守り抜いた

無名の英雄たち

 


contents


 

「特攻の母」は「米兵のマーマ」でもあった

 

 

大東亜戦争

 

鳥濱トメ

Tome Torihama

1902年、鹿児島県最南端の漁村に生まれる。27歳で知覧町に開いた富屋食堂での兵隊への献身的な働きが、戦後、書籍や映画などで取り上げられる。92年没。享年89歳。

 鹿児島県川辺郡(現・南九州市)知覧町にかつて存在した知覧飛行場。大東亜戦争末期には、本土最南端の特別攻撃隊(特攻隊)出撃基地として、多くの戦闘機が飛び立っていった。

 隊員のほとんどは10代後半から20代前半の青年たち。彼らが母のように慕ったのは、基地の近くにあった富屋食堂の女将・鳥濱トメだった。

 

 

危険も覚悟で隊員を世話する

 軍の指定食堂だった富屋食堂で、トメは隊員たちに食事を提供するだけでなく、何かと世話を焼いていた。

 特攻という、死をもって事を成す任務に就く彼らに、トメは「せめてここにいる間は、できることは何でもやってあげよう」と、「玉子丼が食べたいな」と言われれば自分の着物を売ってでも卵を買い、風呂に入れて背中を流すなど、献身的に支え続ける。隊員たちは次第にトメを「おばさん」から「お母さん」と呼ぶようになった。

 トメの孫で、現在は語り部として当時を伝える鳥濱明久氏はこう話す。

「特攻隊員は手紙などの私信は出せず、家族にも検閲を通った遺書を一通しか送れませんでした。そんな彼らに、トメは食堂の片隅でこっそりと手紙を書かせ、隊員がいつも胸ポケットに入れていた家族や自分の写真とともに預かって、憲兵の目を盗んでポストに入れてやりました。

 見つかれば軍事機密を漏らしたとして絞首刑です。しかしトメはそれも覚悟の上でした」

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

米兵にも伝えた慈しみの心

「貴様は生きろ」生死を超えた友情

靖国神社の清掃を16年続けたドイツ出身の「靖国おばあさん」

命と引き換えに県民を救った知事

「国のため」「世界のため」に命を懸けた日本人たち / インタビュー 池間哲郎

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年9月号記事  明治維新  英雄  英霊  靖国神社  鳥濱トメ  特攻の母  鳥濱明久  著名知識人  安部正也  靖国おばあさん  阪明子  島田叡  池間哲郎  大義  武士道精神  

Menu

Language