【米中決戦インタビュー】金正恩は習近平からトランプに乗り換える - 米中決戦が始まった「暴走トランプ」が世界を救う

【米中決戦インタビュー】金正恩は習近平からトランプに乗り換える - 米中決戦が始まった「暴走トランプ」が世界を救う

 

2018年9月号記事

 

米中決戦インタビュー

 

金正恩は習近平からトランプに乗り換える

 

中国研究の専門家に、米朝会談後の国際情勢の見通しについて聞いた。

(編集部 長華子)

 


contents


 

中国問題専門家

遠藤 誉

(えんどう・ほまれ)1941年旧満州国生まれ。中国革命戦を経験し53年に日本帰国。東京福祉大学国際交流センター長、筑波大学名誉教授、理学博士。著書に『習近平vs.トランプ 世界を制するのは誰か』『毛沢東 日本軍と共謀した男』(中文版も)など多数。

『卡子(チャーズ) 中国建国の残火』

1948年、中国共産党は、長春を食糧封鎖し、数十万にのぼる人民の命を奪う。著者(当時7歳)が見た真実が歴史に刻まれる。

―6月に行われた米朝首脳会談をどう見ていますか。

 

一般的には、金正恩氏が勝利し、トランプ氏が譲歩しすぎたと考えられています。そして真の勝利者は中国だと言う人もいますが、そうではありません。

 また、中国は、北朝鮮への制裁を解除し始めたので、表面的には中朝蜜月に見えるかもしれません。でも実は、北朝鮮は建国以来、中国に対するすさまじい恨みを持っています。

 1950年6月に始まった朝鮮戦争で、北朝鮮を応援した中国人民解放軍は、北朝鮮の建国の父である金日成を尊重せず、中国から派兵した朝鮮人の軍隊(延安派)を重用。戦後、金日成は延安派を全員粛清します。

 また金正恩氏は「中国を千年の宿敵」と呼んでいます。ですから、中朝の血の同盟は虚構。核開発をしてアメリカを交渉のテーブルに引き出すことに成功した金正恩氏は、アメリカと肩を並べて、「中国を見返してやる」という気持ちを強く持っているのです。

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページからのポイント

金正恩はアメリカ側につく

一つの中国を覆すトランプ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年9月号記事  トランプ  外交政策  世界新秩序  金正恩  習近平  米朝会談  遠藤誉  著名知識人  

Menu

Language