徳島から世界へ 今を未来に遺す仕事 / 地域シリーズ 徳島

徳島から世界へ 今を未来に遺す仕事 / 地域シリーズ 徳島

なだらかな山容の眉山が、吉野川に臨む。

 

2018年9月号記事

 

地域シリーズ 徳島

 

現地ルポ

 

徳島から世界へ

今を未来に遺す仕事

 

阿波おどり、藍、ポカリスエット、LED……。伝統と現代が交錯する徳島では、魅力的なものが生み出されている。
時代を越えて、世界に誇る「徳島発」を訪ねた。

(編集部 片岡眞有子、山下格史)

 

新居製藍所6代目の新居修さん。

 

技 TECHNIQUE

「ジャパン・ブルー」の継承

光の加減で異なる印象を与える鮮やかな「阿波藍」。近年は、海外からも注目されている。

半世紀近く「藍」を作り続ける職人に話を聞いた。

 

 サッカー日本代表のユニフォームの色は、「サムライ・ブルー」と呼ばれる。東京オリンピックのロゴマークにも藍色が使われるが、日本人と藍の関係は深い。

 明治初期に化学教師として来日した英国人、アトキンソンは、日本人の生活のいたるところに藍染めが使われていることに驚き、「ジャパン・ブルー」と呼んだ。明治の小説家、ラフカディオ・ハーンも、日本に「藍」があふれていると指摘した。

 この日本の「藍」を支えてきたのが、徳島だ。古来、蓼藍の葉からつくられる染料「蒅(すくも)」の本場として栄えた。頻繁に氾濫する吉野川流域は、稲作には向かなかったが、肥沃な土壌のため良質な蓼藍が育った。

 江戸時代には徳島藩が特産品として奨励し、蒅(すくも)作りは一大産業に成長。「阿波藍」と呼ばれた徳島の藍は、全国の市場を席巻し、藩財政を支えた。日本一の生産量に加え、改良を重ねた阿波藍の品質は全国に抜きん出ており、他藩の藍と区別して「本藍」と称されるほどだった。

 全国に名をはせた阿波藍だが、明治後期に安価なインド藍や化学染料が流入。衰退の一途をたどる。かつては県内に2千軒以上あった藍師の家も、現在は5軒残るのみ。

 徳島県上板町にある「新居製藍所」の6代目・新居修さんは、そのうちの一人だ。半世紀近く蒅(すくも)作りを続け、昨年、「現代の名工」に選ばれた。先祖代々の土地で、親族やスタッフと作業にあたる。7月、製藍所を訪れると、隣接する畑に青々と蓼藍が茂り、刈り取りを待っていた。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

消滅の危機にあった阿波藍を次世代へ残す仕事。

ピカソの息子も感動した大塚美術館の陶板の技術。

魂が新生する場所。聖地エル・カンターレ生誕館。

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年9月号記事  地域シリーズ  阿波藍  新居修  ジャパン・ブルー  大塚グループ  大塚国際美術館  大塚正士  徳島  聖地  エル・カンターレ生誕館  著名知識人  

Menu

Language