超高齢化社会へ進む中国 「一人っ子政策」のツケが現れはじめた?

 

13億9千万人と、世界一の人口を誇る中国。その消費力に期待して、中国と経済的なつながりを強めようとする国も多くあります。

 

そんな中国の出生数が減り始めています。

2017年の中国の出生数は1723万人で、前年比で63万人の減少となりました。

 

これは中国に大きな衝撃を与えました。なぜなら、1979年から2015年まで行ってきた「一人っ子政策」を転換し、「二人っ子政策」に移行したばかりだったからです。

 

実際、二人目の子供の数は増えたようですが、2017年の一人目の子供の出生数は724万人で、前年比で249万人も減ってしまったのです。

 

このままいくと、今後、中国の人口は減少していきます。

なお、国連の統計によれば、2024年ころに中国はインドに人口ナンバーワン国家の座を譲る見通しです。

 

とはいえ、13億の人口を誇る中国の人口が少しくらい減っても、それほど大きな影響はないかもしれません。

問題はむしろ、いびつな人口構造にあります。「一人っ子政策」を採ってきたことで生じた人口構造のいびつさが、中国に与える影響について見ていきましょう。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

2018年7月22日 デイリーニュースクリップ一覧


Menu

Language