政治家や官僚の相次ぐ辞任 「セクハラ全体主義」の行き着く先 - ニュースのミカタ 2

政治家や官僚の相次ぐ辞任 「セクハラ全体主義」の行き着く先 - ニュースのミカタ 2

セクハラの緊急対策について記者会見する野田総務相。写真:つのだよしお/アフロ

 

2018年8月号記事

 

ニュースのミカタ 2

社会

 

政治家や官僚の相次ぐ辞任

「セクハラ全体主義」の行き着く先

 

 政治家や官僚が、セクハラの訴えで辞任するケースが相次いでいます。

 財務省の福田淳一事務次官が4月、テレビ朝日の女性記者に対するセクハラ問題で辞任に追い込まれました。6月上旬には、東京都狛江市の高橋都彦市長が女性職員のセクハラの抗議によって辞任。外務省の毛利忠敦ロシア課長も、セクハラの疑いで更迭されました。

 安倍晋三首相は、野田聖子総務相兼女性活躍担当相に、セクハラ被害防止対策を取るよう指示。これを受け、省庁幹部へのセクハラ研修の義務化を柱とする対策が発表されました。今回は見送られましたが、野田氏は、セクハラに関する法整備に意欲を見せています。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年8月号記事  ニュースのミカタ  セクハラ  差別  辞任  福田淳一  高橋都彦  野田聖子  セクシュアル・ハラスメント  いじめ  

Menu

Language