人手不足は海外進出のチャンス 掃除と風呂で「日本人づくり」 / 人手不足ニッポン「親日外国人」を育て戦力化する Part.2

人手不足は海外進出のチャンス 掃除と風呂で「日本人づくり」 / 人手不足ニッポン「親日外国人」を育て戦力化する Part.2

加工されたアルミ材を指でなで、傷がないかを確認するインドネシア人のイルファンさん。

 

2018年7月号記事

 

人手不足ニッポン

「親日外国人」を育て戦力化する

 

日本企業を襲う人手不足。人口減少を背景にする労働者の不足により、廃業に追い込まれる中小企業も増えてきた。

だがその一方で、助っ人外国人が即戦力以上の活躍を見せている。

(編集部 山本慧、馬場光太郎)

 


contents

人手不足は海外進出のチャンス 掃除と風呂で「日本人づくり」 / 人手不足ニッポン「親日外国人」を育て戦力化する Part.2


 

Case2

 

アルミ加工・販売

人手不足は海外進出のチャンス

掃除と風呂で「日本人づくり」

ベトナムとインドネシアの人材を"日本的な方式"でリーダーに育てることに成功している企業がある。

 

 「求人広告を出したところで、最近はなかなか人が集まらない。余裕のある大企業ばかりがどんどん時給を上げるので、人が回ってこないんです。

 それに日本人は、採用しても3分の2は辞めてしまいます」

 そう語るのは、株式会社渡邉商事の渡邉暁社長。同社は、京都府京都市の伏見区を拠点にアルミ加工・販売を行う、従業員100人規模の企業だ。

 オフィスへは、靴を脱いで上がる。廊下の床は磨きこまれ、壁には書や日本画がかけられている。

 そんな純日本的な雰囲気の同社だが、なんと従業員の3割近くが、ベトナムやインドネシア出身の外国人だ。その数は増え続け、今年中にはさらに20人以上の受け入れを予定しているという。渡邉社長は語る。

「もう彼らがいないと、わが社は回りませんよ(笑)」

 しかしそこには、人手不足を逆手に取って、日本文化を発信するという発想があった―。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

現地で「雑巾がけ採用」

外国人も「義理人情」で動く

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年7月号記事  人手不足  親日外国人  外国人労働者  移民  海外進出  ベトナム  インドネシア  リーダー  渡邉暁  著名知識人  教育  コア人材  品質文化  義理人情  留学制度  

Menu

Language