一律の残業規制は必要か 「勤勉さ」を発揮できる働き方改革を - ニュースのミカタ 4

一律の残業規制は必要か 「勤勉さ」を発揮できる働き方改革を - ニュースのミカタ 4

働き方改革関連法案について説明する安倍首相。写真:毎日新聞社/アフロ

 

2018年7月号記事

 

ニュースのミカタ 4

政治

 

一律の残業規制は必要か

「勤勉さ」を発揮できる働き方改革を

 

 安倍政権が進める働き方改革関連法案に注目が集まっています。大きな柱は、時間外労働(残業)の見直しです。

 残業は月45時間、年360時間を原則とし、特別な事情がある場合も、月100時間未満、年720時間を限度に設定するとしています。

 従業員が過度な残業で心身を病まないよう、予防策を講じる必要はあります。しかし各企業の事情を考えず、一律に残業規制を強化すれば、経営が悪化する企業が増えてしまいます。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年7月号記事  ニュースのミカタ  働き方改革  法案  残業  勤勉  山本七平  鈴木正三  仏道修行  非正規  正社員  

Menu

Language