北の核実験場廃棄は単なる「政治ショー」 非核化には1ミリも近づかない

 

北朝鮮が豊渓里(プンゲリ)にある核実験場の坑道を爆破し、同実験場を閉鎖することを発表しました。今月23~25日に実施し、この様子を外国メディアにも公開するとしています。

 

これを受けて韓国大統領府は「核なき朝鮮半島への道のりの最初の祝砲になることを願う」と歓迎し、アメリカのトランプ大統領も「賢明で丁重な意思表示だ」と評価しています。実際に核実験場を廃棄するということで、期待が膨らんでいます。

 

しかし、核実験場廃棄の意味合いからすれば、これは単なる「政治ショー」であって、「非核化の第一歩」にはなりません。

 

本欄では、今後の非核化のニュースが、どの程度の実効性を伴うものなのかを知るためにも、核兵器のつくり方を簡単に解説します。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language