国民健康保険は「事実上の税金」 最高裁判所も認めている

 

国民健康保険をはじめとする公的医療保険、公的年金保険、さらには40歳から徴収される介護保険……。「保険」の名の下に、いつの間にか多額のお金が給与から天引きされています。

 

「保険」の契約をしたわけではないのに、これって事実上の税金では? そう感じている人も多いはず。本欄でも、公的保険は「事実上の税金」「隠れた税金」だと訴えています。

 

政府からすれば、「保険」は万が一の時にサポートが受けられるものなので、「税金」とは違うものだと主張したいところでしょう。しかし最高裁判所は、国民健康保険について、事実上の税金、少なくとも税金と同じような性質を持つと認めたことがあるのです。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language