【山口】人口が減っても客は増える - シャッター街、赤字企業のV字回復物語 Part.2

【山口】人口が減っても客は増える - シャッター街、赤字企業のV字回復物語 Part.2

 

2018年5月号記事

 

人口が減っても客は増える

シャッター街、赤字企業のV字回復物語

 

人口減少による衰退を乗り越え、奇跡の復活を成し遂げた、地方のお店や商店街の物語に迫る。

不況・業界不振・ジリ貧にあえぐ、あらゆるビジネスパーソンのヒントにもなるはずだ。

(編集部 小川佳世子、馬場光太郎、片岡眞有子)

 


contents


 

 

山口

 

倒産寸前から120億企業へ

造り手の常識を捨て
世界を酔わせる酒が生まれた

 

山口県の小さな酒蔵「旭酒造」が世界的ブランド「獺祭」を生み出し、120億企業へと成長するまでの奇跡の復活ストーリーを紹介する。

 

旭酒造会長

桜井博志

(さくらい・ひろし)1984年、旭酒造(山口県岩国市)の三代目社長に就任。2016年9月より現職。

画像提供:旭酒造

 単一銘柄として日本一の売上げを誇る日本酒「獺祭」。日本酒業界が落ち込む中、年々、売上げを伸ばし続けている。

 今や世界20カ国で愛飲される酒を世に送り出した旭酒造は、30年ほど前は、まさにどん底の状態にあった。

「明日、うちの会社はあるんだろうか……」

 1984年、急逝した父の後を継いで旭酒造三代目社長に就任した桜井博志氏(現会長)は、眠れぬ日々を過ごしていた。

 当時の年間売上は、ピーク時の3分の1以下の1億円未満。日本酒業界が苦境に追い込まれる中、同社の売上げも前年比85%と落ち込んでいた。

 しかも旭酒造は、山口県岩国市の中心地から車で40~50分かかる山奥の過疎地にある。地元岩国市の酒蔵でも4番手の負け組で、倒産もささやかれるほど。

 このままでは、従業員も家族も路頭に迷わせてしまう……。

 危機感を募らせた桜井氏は、毎日社員を集め、「どうしたら売れるんやろうか」と聞いた。

「うちは値引きが足りません」

「おまけがついていません」

 社員の答えは「売る方法」ではなく「売れない理由」ばかり。社員の言葉を信じて手を打ってみたが、どれも効果はなかった。

 大手が紙パック詰めの日本酒を売り出したと聞いて真似をし、少量の紙カップ入りの酒も造ってみた。一時的にヒットしたものの、他社も真似し始めると売上げは再び下降線をたどった。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

自社の存在意義を問い直す

一人の消費者の立場に立ち真摯に商品と向き合う

「届ける」ところまでが仕事

今の成功に甘んじない

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年5月号記事  人口  シャッター街  赤字企業  V字回復  山口    獺祭  存在意義  消費者  成功  品質管理  

Menu

Language