【宮崎】人口が減っても客は増える - シャッター街、赤字企業のV字回復物語 Part.4

【宮崎】人口が減っても客は増える - シャッター街、赤字企業のV字回復物語 Part.4

 

2018年5月号記事

 

人口が減っても客は増える

シャッター街、赤字企業のV字回復物語

 

人口減少による衰退を乗り越え、奇跡の復活を成し遂げた、地方のお店や商店街の物語に迫る。

不況・業界不振・ジリ貧にあえぐ、あらゆるビジネスパーソンのヒントにもなるはずだ。

(編集部 小川佳世子、馬場光太郎、片岡眞有子)

 


contents


 

宮崎

 

「猫も歩かぬ街」がIT街に

200メートルの奇跡

 

宮崎県日南市にある油津商店街を救った、男の「覚悟」に迫る。

 

油津応援団代表取締役

黒田泰裕

(くろだ・やすひろ)2014年より現職。

 200メートルの道沿いに、IT企業が10社―。

 東京・六本木の話ではない。九州南端の宮崎県日南市にある、油津商店街の風景だ。

 この区画は5年前まで、いわゆるシャッター街だった。開いている店は6つのみ。地元から「猫さえ通らない」と揶揄された。

 そんな商店街を復活させた立役者の一人が、黒田泰裕・油津応援団代表取締役だ。

 黒田氏が10歳のころ、商店街は最盛期を迎えていた。80もの店舗が、狭い通りにひしめいていた。

「憧れの場所でした。百貨店の屋上には遊具があってね」

 しかし、1960年代をピークに日南市の人口は減り、大型店の進出も相まって、商店街は急速に寂れた。「憧れの場所」は東京へと変わる。黒田氏も地元から"流出"しようとする若者の一人となった。

 大学卒業後、東京の大手証券会社から内定をもらう。胸を躍らせ、入社前の研修を受けていたそんな時―黒田氏のもとに、家から電話が入った。

「お父さんが倒れた」

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

自腹を切る「覚悟」

「たまり場」を創造する

誘致ではなく「起業支援」

街づくりは「人づくり」

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年5月号記事  人口  シャッター街  赤字企業  V字回復  宮崎  IT企業  商店街  たまり場  起業支援  人づくり  存在意義  

Menu

Language