羽生結弦が五輪連覇 銀盤で輝く表現力のワケ - ニュースのミカタ 5

羽生結弦が五輪連覇 銀盤で輝く表現力のワケ - ニュースのミカタ 5

羽生選手は演技後、人々への感謝の言葉を何度も口にした。写真:松尾/アフロスポーツ

 

2018年4月号記事

 

ニュースのミカタ 5

スポーツ

 

羽生結弦が五輪連覇

銀盤で輝く表現力のワケ

 

 韓国・平昌五輪で、フィギュアスケート男子の羽生結弦選手が2月中旬、五輪史上66年ぶりの連覇を達成。銀メダルは宇野昌磨選手が獲得し、日本勢はワンツーフィニッシュという快挙を成し遂げました。

 演技直前には氷上で、大きく合掌するルーティンで精神統一を行う羽生選手。演技が始まると、映画「陰陽師」のBGMと一体となる圧巻のパフォーマンスを見せ、2位を10点以上も引き離す金メダルに輝きました。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年4月号記事  ニュースのミカタ  羽生結弦  五輪  連覇  表現力  凡事徹底  東日本大震災  合掌  感謝  自己脱皮  

Menu

Language