Interview 世界の民主活動家たち - 台湾は、中国とは違う「一つの国家」

Interview 世界の民主活動家たち - 台湾は、中国とは違う「一つの国家」

 

2018年3月号記事

 

世界の民主活動家たち Interview

 

台湾は、中国とは違う「一つの国家」

 

日本にとって安全保障上重要な場所に位置するのが台湾だ。昨年11月に蔡英文総統から任命された民主化と人権活動担当の大使に、日台関係や日本に期待する役割について聞いた。

(編集部 長華子)

 

 

民主化及び人権活動担当大使
元台湾民主基金副執行長

楊黄美幸

(ヤン・メイシン〈Yang Maysing〉)1944年、東京生まれ。3歳の時に台湾に帰国。米ニューヨーク州のフォーダム大学で社会学の修士号を取得。米国滞在中20年間を台湾の民主化運動に捧げる。帰国後、民進党員となり民進党外交部の局長となる。2003年アジア初の民主基金を設立後、副執行長に就任。

─国内外の民主化を支援する「台湾民主基金」の活動について教えてください。

楊黄氏(以下、楊): 台湾民主基金は、アメリカからアドバイスを受けて2003年に設立しました。ミッションは主に3つです。

 1つ目は国民の啓蒙や女性の支援などで、台湾国内の民主化を進める。

 2つ目は、国外の民主化運動の支援です。国民党政権下では、中国の民主化の支援を水面下で行っていましたが、民進党政権に代わって、堂々と支援できるようになりました。中国以外にも、東南アジアの国々の若者を台湾に呼んで、研修を行い、民主主義や人権の意味を伝える活動をしています。

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

台湾が日本に期待すること

トランプ政権をどう見るか

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年3月号記事  インタビュー  世界の民主活動家  台湾  人権活動担当大使  楊黄美幸  台湾民主基金  不干渉  中国  著名知識人  

Menu

Language