Interview 世界の民主活動家たち - 9億人が隔離される独裁国家・中国

Interview 世界の民主活動家たち - 9億人が隔離される独裁国家・中国

 

2018年3月号記事

 

世界の民主活動家たち Interview

 

9億人が隔離される独裁国家・中国

 

香港で行われた天安門事件の追悼式に合わせて、「民主の女神像」を制作するなど、芸術を通して長年中国の民主化運動に携わってきた活動家に、民主化への思いを聞いた。

(編集部 長華子)

 

 

彫刻家

陳維明

(チェン・ウェイミン〈Chen Weiming〉)1970年、中国浙江省の杭州生まれ。89年の天安門事件を機に民主活動家となる。民主の女神像、天安門大虐殺事件を描いたレリーフ、さらに、劉暁波氏のレリーフなどを制作している。

─民主化運動に携わるきっかけを教えてください。

陳維明氏(以下、陳): 私が政治的な作品に取り組むようになったのは、1989年の天安門大虐殺事件からです。中国共産党が国民を襲う映像を見たときから、ピカソが絵画「ゲルニカ」で戦争の悲惨さを訴えたように、彫刻を通して、人々を感化しようと決意したのです。

 以来、2010年に、香港市民の民主化活動の思いと一体となった「民主の女神像」など、自由や民主主義などの価値観を人々の心に喚起する作品を創っています。

 

2010年6月、香港で行われた天安門大虐殺事件の追悼式。15万の香港市民は、陳氏が制作した「民主の女神像」に中国民主化の希望を見た。現在、像は香港中文大学にあり、同型のものがアメリカのサンフランシスコ、ワシントンDCなどに建てられている。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

農民戸籍者への隔離政策の実態とは?

中国共産党の基盤は?

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年3月号記事  インタビュー  世界の民主活動家  中国民主化運動  陳維明  天安門事件  劉暁波  彫刻  中国共産党  著名知識人  

Menu

Language