憲法改正がされなかったのは改正手続きが厳しいから?

 

今年は「憲法改正」が話題になりそうです。

 

安倍晋三首相は、今年の念頭記者会見において「新しい時代への希望を生み出すような憲法のあるべき姿を国民にしっかりと提示し、改正に向けた国民的な議論を深めていく」と語りました。

 

現在の日本国憲法は、一度も改正されたことがありません。その理由として、改正要件が厳しいことがたびたび挙げられます。

 

通常の法案や改正案は、国会の衆参両院において、出席議員の半数が賛成すれば可決、成立します。

 

一方、憲法は、96条の規定により、衆参両院の総議員(出席議員ではない)の3分の2以上が賛成した上で、国民投票で過半数の人が賛成しなければ改正できません。

 

このような厳しい改正要件があるために憲法改正ができなかったのだ、と主張する人もいます。しかし、本当にそれが原因なのでしょうか。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language