日本が「エルサレム問題」の仲裁へ 対立する両国が歓迎する理由

 

日本が、遠い中東の国、イスラエルとパレスチナの仲裁に乗り出し、両国から歓迎されています。

 

河野太郎外相は25日 (日本時間26日)、イスラエルのネタニヤフ首相、パレスチナ自治政府のアッバス議長と、相次いで会談しました。トランプ米大統領が「エルサレムをイスラエル首都にする」と宣言した後、外相が、対立する両政府首脳と会談するのは日本が初めて。

 

河野氏はまず、イスラエルのネタニヤフ氏との会談で、パレスチナとの2国家共存による和平への支持を表明。「中東和平の進展には、アメリカが果たす役割が重要」という認識で一致しました。

 

また、同国のリブリン大統領からは、「中東地域のどの国とも良い関係を持つ日本が、この地域で一層の役割を果たすことを歓迎する」とのコメントがありました。

 

河野氏はその後、パレスチナのアッバス議長と会談。アッバス氏は「日本はパレスチナの本当の友人だと思っている」と歓迎し、中東でのアメリカ関与の必要性や、対話による問題解決に理解を示しました。

 

なぜ日本の仲裁は、両国から歓迎されるのでしょうか。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language