世界の人権問題 Interview 1 - 北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会 名誉会長 藤野義昭 日本は自力で解決できる国へ

世界の人権問題 Interview 1 - 北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会 名誉会長 藤野義昭 日本は自力で解決できる国へ

11月6日、トランプ大統領が初来日し、拉致被害者およびその家族と面会。写真:代表撮影/ロイター/アフロ

 

2018年1月号記事

 

世界の人権問題

Interview 1

 

北朝鮮拉致問題

日本は自力で解決できる国へ

 

世界人権デーである12月10日から1週間、日本では「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」として啓発活動が行われる。この問題に20年以上取り組む弁護士に話を聞いた。

(編集部 長華子)

 

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)名誉会長

藤野 義昭

プロフィール

(ふじの・よしあき) 1938年生まれ。61年中央大学法学部法律学科卒業後、会社員生活を経て、71年に32歳で司法試験に合格し、74年に弁護士となる。97年から拉致問題に携わる。「救う会」前会長。

 11月に来日したトランプ米大統領は、北朝鮮の拉致被害者やその家族と面会し、この問題に対する関心の高さを示した。その意義についても、「もし金正恩が(拉致被害者を)帰国させればとてつもなく大きなシグナルとなるだろう」と述べている。

 日本での拉致問題に対する取り組みは、横田めぐみさんの拉致が明らかになった1997年に始まり、2002年には当時の北朝鮮最高指導者である金正日総書記が拉致を認め謝罪。拉致被害者5人が帰国するに至った。

 しかし、日本政府が確認する拉致被害者は17人。実際には100人以上いると想定される。にもかかわらず北朝鮮は「拉致問題は解決済み」との立場をとっており、小泉純一郎首相(当時)の訪朝以降目立った進展はない。

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年1月号記事  インタビュー  藤野義昭  北朝鮮  拉致  救う会  テロ  スパイ防止法  トランプ  知識著名人  

Menu

Language