夫はツライよ - 妻は最高裁判事!?

夫はツライよ - 妻は最高裁判事!?

 

2017年12月号記事

 

夫はツライよ

妻は最高裁判事!?

 

妻が夫を裁く――。現代では見慣れた光景かもしれない。

しかしこれが、日本の男たちをダメにしていたら?

(編集部 河本晴恵)

 

自分でもここは短所だなと思うところを、はっきりと指摘される
「分かってるよ!」と思う。(飲食業・50歳)

 

「あなたはいくら努力してもダメね」
と言われたのは辛かった。(アルバイト・74歳)

 

母親の味方をしたら、「マザコン!」と言われた。
その言葉は、自分の中でずっとリフレインしている。(医療職・50歳)

 

「あなたの意見は?」
と聞かれて、自分の意見を言うたびに怒られる。(事務職・50歳)

 

「何かに憑かれてるんじゃない?」
と言われるときついです……。(事務職・43歳)

 

「あなたはこういう人だから」
と、上から目線で批評しないでほしい。(事務職・35歳)

 

 

ツライ夫たちの告白

よその家庭のことは、なかなか見えないもの。

妻の「裁き」の瞬間についてこっそり聞いた。

 

 結婚して数年経つ記者だが、ある日夫に、「男の気持ち、分かってないよね」と言われた。えっ、私、何かしましたか?

 そういえば、最近はテレビでも、「夫の帰宅拒否」が取り上げられている。家で安らげないと感じる男性は少なくないようだ。いったい、どういう時にそう感じるのか。実態を調べてみた。

 

 

男たるもの……

 聞き取りを始めたところでまず直面したのは、男性たちの「黙秘」だった。一般論は出てくるものの、具体的な話はなかなか出てこない。普段、奥さんの話はしないのだろうか?

「男同士で、嫁さんの悪口は言いそうで言わないんだよね。男としてどうかなと思われそうだから」(製造業・68歳)

 外で戦う以上、家庭の弱みは見せられないということか。

 なかには、「話すと嫌な気持ちを思い出すので、勘弁してください」(飲食業・62歳)との声もあった。

 話してストレスを解消する女性たちとは、事情が違うらしい。男性が何かにつけて飲みに行きたくなる気持ちが分かるような気がしてきた。

 そこで編集部で、「人助けだと思って、力を貸していただけないか」と全力で依頼することに。すると、ぽつぽつと、男性たちが重い口を開いてくれた。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

稼ぎたいのはやまやまだが

妻たちの本音

夫を責めるのをやめて、がんが消えた

信じる妻は救われる!?

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年12月号記事    裁き  家庭    稼ぎ  給料  言葉    本音  がん  山内一豊  あげまん  経営  

Menu

Language