「出家」の清水富美加(千眼美子)さん、ネットニュース1位 信仰や人生観を明かすスターたち

 

《本記事のポイント》 

  • 清水富美加さんが「2017上半期タレントネットニュースランキング」で1位
  • 海外では信仰を明らかにしている芸能人も少なくない
  • 日本には自由に信仰について語れる土壌が必要

 

メディアの調査・測定を行うニホンモニターがこのほど、「Yahoo!トピックス」と「LINE NEWS」を対象とする「2017上半期タレントネットニュースランキング」を発表した。

 

人気沸騰中の、俳優・菅田将暉さんや星野源さんを抑えての1位が、清水富美加(法名:千眼美子)さんだった。以下は、その順位。

 

1位 清水富美加/226回

2位 菅田将暉/181回

3位 星野源/180回

4位 中居正広/166回

5位 有村架純/159回

6位 指原莉乃/153回

7位 木村拓哉/148回

8位 松本人志/146回

9位 ブルゾンちえみ/136回

10位 広瀬すず/135回

 

 

テレビや映画で活躍中の清水さんが、自らの信仰を明らかにして出家の道を選んだことは、芸能界のみならず、日本社会に大きなインパクトを与えた。

 

清水さんは、出家して千眼さんとなり、現在は幸福の科学の芸能事務所「ARI Production」に所属。来年の初夏に公開予定の映画「さらば青春、されど青春。」にも出演することが決まっている。また、この映画の主題歌「眠れぬ夜を超えて」を歌うことも決まり、8月2日に東京ドームで開催される、幸福の科学・大川隆法総裁の講演会で初お披露目することを、自身のブログの動画でも明かしている。

 

 

 

活躍の背景に「信じるもの」

日本の芸能界では信仰を表に出して活動する人はほとんどいないが、海外では、自身の信仰や思想を明らかにしている芸能人は少なくない。

 

例えばアメリカの人気歌手、カニエ・ウェストは自身がキリスト教の信仰に基づいて生活を送っていると語る。また、女優やテレビ番組の司会を務め、「世界で最も有力な女性」と評されるオプラ・ウィンフリーは、キリスト教徒であることを明らかにしており、スタンフォード大学で、何を信じるかは各人の自由としながらも、「魂とのつながりがなければ、充実した、意義深い、長く喜びに満ちた人生を送ることはできません」などと講演している。

 

他にも、サイエントロジーというアメリカの新興宗教を信仰するトム・クルーズ氏は、イギリスのITV放送局のインタビューで自身の信仰について堂々と語っている。

 

その人柄や実力でファンの心を掴んでいるからこそ、信仰や信条を明らかにしても人気を保っているだろう。むしろ、心の内に信じるものがあるからこそ、多くのファンを惹きつけるような演技やパフォーマンスができるのかもしれない。

 

日本でも、自らの信仰をオープンにし、互いの違いを認め合った上で自由に宗教について語れる土壌がつくれれば、芸能人がそれぞれの魅力をより発揮できるようになるのではないか。(片岡眞有子)

 

【関連サイト】

大川隆法 IN 東京ドーム(ウェブ予約可能)

https://ryuho-okawa.org/tokyodome2017/

 

【関連記事】

 

2017年8月号 【巻頭インタビュー】千眼美子(清水富美加)「働き方」より、働く理由。 - 女優だけど、女優じゃない

http://the-liberty.com/article.php?item_id=13172

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language