防災の鍵は地下にある - インタビュー 防災・危機管理教育アドバイザー 濱口和久氏

防災の鍵は地下にある - インタビュー 防災・危機管理教育アドバイザー 濱口和久氏

 

2017年9月号記事

 

災害から命を守れ!

 

Interview

 

防災・危機管理教育アドバイザー

濱口和久

 

防災の鍵は地下にある

 

全国的に大規模災害が相次ぐ中、自治体はどのように備えるべきか。防災の専門家が語る日本の課題とは。

(編集部 山本慧)

 

防災・危機管理教育アドバイザー

濱口 和久

プロフィール

(はまぐち・かずひさ) 1968年、熊本県生まれ。防衛大学校卒。陸上自衛隊、国会議員秘書などを経て、現在、拓殖大学地方政治行政研究所の客員教授や、一般財団法人防災教育推進協会の常務理事・事務局長などを務める。著書に、『日本の命運 歴史に学ぶ40の危機管理』(育鵬社)など多数。

 自然災害が多い日本では、すでに素晴らしい民間の防災組織があります。それは、町内会や婦人会などからなる「自主防災組織」です。私たちの暮らしで最も身近な防災組織です。

 それに加えて、全国各地にある消防団も、公称で80万人います。こうした既存の組織を活用すれば、防災への対応力は向上するはずです。

 ところが現在、組織のメンバーが高齢化し、自治会の役員が兼務する名ばかりの組織になるなど、「自分たちの地域は自分たちで守る」という組織本来の目的が果たせなくなっているところが多い。都会では、存在自体を知らない人も増えています。

 地域の助け合いの精神で防災力を高めていくには、若い世代がそうした団体に参加し、日頃から訓練を行ったり、啓発活動したりできるようにする仕掛けが必要でしょう。特に防災は、飲み込みが早い子供のころから教えることが非常に大事になります。火の消し方などの具体的な方法から、地震を始めとする自然災害の発生メカニズムを教え、自分の身を守り(自助)、地域を守る(共助)にはどう行動すべきかを知る必要があります。

 防災力を高めることは、国防意識を高めることにもつながるので、意義のあることです。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年9月号記事  知識著名人  防災  災害  インタビュー  危機管理教育アドバイザー   濱口和久  復興  シェルター  

Menu

Language