危機の時代の台湾、中国、日本 マイアミ大学教授(政治学) ジューン・トーフル・ドレイヤー氏インタビュー

 

ジューン・トーフル・ドレイヤー

プロフィール

マイアミ大学教授(政治学)。米議会図書館の元極東担当上席研究官で、海軍作戦部長のアジア政策顧問と、米連邦議会が設立した米中経済・安全保障調査委員会の委員も務める。

 

インタビュアー

藤井幹久

宗教法人・幸福の科学 国際政治局長

北朝鮮問題解決のため、アメリカは現在、中国に寄り添う姿勢を見せています。

ただ、トランプ大統領の本心としては、中国の覇権主義をこころよくは思っていないでしょう。それは、トランプ氏が大統領戦に勝利した後、"ひとつの中国"の原則を覆し、台湾の蔡英文総統と電話会談したことにも現れています。

アメリカで、最も台湾に詳しい専門家の一人、ドレイヤー教授に、台湾、中国、日本の今後について聞きました。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language