『君の名は。』『ボク、運命の人です。』のルーツに日本最古の長編小説!?

『君の名は。』『ボク、運命の人です。』のルーツに日本最古の長編小説!?

 

《本記事のポイント》

  • 『君の名は。』『ボク、運命の人です。』に見る「運命の赤い糸」型のストーリー
  •  日本最古の長編小説『源氏物語』には「宿世」の世界観がある
  •  日本人と西洋人を分けるのは「前世の観念」!?

 

昨年大ヒットした映画『君の名は。』、現在放送されているドラマ『ボク、運命の人です。』――。最近のエンタメ作品の中で、「運命の赤い糸」ものが目につく。

 

「会ったことがないが、夢で入れ替わる男女が、お互いを探す」「山下智久さん演じる、自称『神様』が、運命でつながった男女を結び付けようとする」という設定は、一風変わっているように見える。

 

しかし、日本の古典文学を見てみると、意外と王道ストーリーのようだ。

 

 

『源氏物語』に流れている「宿世」の世界観

日本最古、そして世界最古の長編小説とされ、日本文学を代表する『源氏物語』。この物語の根底に、「人は予め定められた運命に導かれ、翻弄される」という「宿世」の世界観があることが、よく言われている。

 

源氏物語には、こんなストーリーがある。

 

◆               ◆               ◆

 

18歳の光源氏が耳にした「ある女性」の話

宮廷に生まれた光源氏は、幼い頃に母を失った。その亡き母の面影を求め、様々な女性と恋をする。

 

そんなある時、自分の従者との雑談の中で「明石の入道」という男の話を聞く。

 

その男は、都で出世を諦め、明石(現在の兵庫県)で暮らす。娘には「自分の希望しない結婚でもしなければならなくなった時には、海へ身を投げてしまえ」と言っている。

 

光源氏はその話の娘に、何となく興味を持ったが、しばらく忘れてしまう。18歳のときの話だった――。

 

 

重なる不運は「前世の罪」!?

26歳ほどになった光源氏は、順調に出世していた。しかしある時、不運が襲う。

 

自分のことを疎んじている政敵の孫が、天皇に即位したのだ。それにより、政局は政敵の思うままに動かされるようになる。

 

さらに不幸なことが起きた。光源氏が密かに恋愛関係にあった女性が、なんとその政敵の娘だったのだ。そしてなお悪いことに、その女性は天皇に嫁ぐ予定だったことが分かった。

 

光源氏は、そのことに因縁をつけられ、「天皇への謀反の疑い」がかけられる。その結果、都を離れざるを得なくなってしまった。

 

光源氏はこの不運を、「前世の罪の報い」と嘆く。

 

 

謎の嵐と、不思議な夢

光源氏はしばらく、須磨(現在の兵庫県・神戸市)で詫び住まいをしていた。

 

ある時、様々な心労が重なったので、陰陽師に海岸でお祓いをしてもらった。すると突然、激しい嵐が吹き荒れ始めた。

 

避難した光源氏が、翌日の明け方にまどろんでいると、不気味な夢を見る。人間でない何かが、自分を探しながら、「なぜ王が呼んでいらっしゃるのに来ないのだろうか」と言っているのだ。光源氏はその後も、同じ夢を見続ける。

 

その後も嵐と雷は激しさを増す。光源氏は神に「嵐を鎮めてください」と願をかけた。するとなぜか、廊に雷が直撃し、火事になってしまったのだ。

 

しばらくして、嵐は収まった。光源氏は、嵐と火事で滅茶苦茶になった家の中で座り込み、惨めな気持ちのまま、うたた寝していた。すると故人が夢に出てきて、こう告げる。

 

「どうしてこんなひどい所にいるか。住吉の神が導いてくださるのについて、早くこの浦を去ってしまうがよい」

 

 

同じく夢に導かれて表れた男

その後、住まいのある海岸に、何者かが舟を漕いでやってきた。その人物は、「夢のお告げで、人間ではない何かに、嵐がやんだら舟を出せと言われた」と語る。

 

なんとその人物こそ、光源氏が18歳の時に話で聞いた、「明石の入道」だったのだ。

 

光源氏は、謎の嵐や、不思議な夢を思い出し、何か運命に導かれている気がした。思い切って、「明石に私の住めるような場所はありますか」と尋ねる。すると入道は喜んで、光源氏を自分の邸宅に迎えてくれた。

 

 

「明石の君」との契り

その邸宅に住んでいたのが、18歳のころふと気になった「明石の君」だった。

 

光源氏と「明石の君」は、言葉を交わさなくても、内心惹かれ合うものがあった。ある時、「明石の入道」が、光源氏に娘との結婚を勧める。

 

それに対して光源氏は「無実の罪に当たって、思いもよらない地方に来ることになったのも、何の罪によるのかと分からなく思っていたが、なるほど浅くはない前世からの宿縁であったのだ」と考えるようになる。

 

その後、光源氏は明石の君と心を通わせ、ますます「生前からの契り」を感じるようになる。二人はめでたく結ばれ、「明石の君」は、子を腹に宿す。

 

 

光源氏は皇子の祖父に

その後、光源氏は都から呼び戻される。最初は泣く泣く「明石の君」と別れたが、後に都に呼び寄せる。生まれた娘である「明石の姫君」も一緒だった。

 

それから時間が経ち、愛娘「明石の姫君」は成長していった。そしていつしか、皇子に寵愛され、子を宿す。その皇子は天皇に即位し、子供が第一皇子となる。

 

その知らせを聞いた「明石の入道」は、光源氏に「『明石の君』が生まれたとき、夢で『娘から将来の天皇が生まれる』というお告げを聞いていた。だから、都でも通用するような教育をし続けてきたのだ」と告白した。

 

それから光源氏は皇子の祖父という立場となり、栄華を極めることになった――。

 

◆             ◆            ◆

 

日本人と西洋人を分けるのは「前世の観念」!?

「会う前から存在している契り」があり、夢や、人間ならざる何者かがその予兆を告げる。そして振り返れば、様々な出来事が、点と点が線になるように、二人が出会うための伏線になっていた――。

 

日本最古の長編小説『源氏物語』には、『君の名は。』や『ボク、運命の人です。』などに見られる、「運命の赤い糸」的ストーリーの原型があるのかもしれない。

 

実際、物語には「宿世」を表す言葉が、277も出てくる。様々な説話の中で、登場人物が自分の身に降りかかる出来事を、「生前からの縁や運命だったんだ」と感じて感慨にふける。この運命への感慨が、古典の授業で習う「もののあわれ」と通じるとする専門家もいる。

 

「宿世」の世界観は、仏教から来ている。「人は繰り返し生まれ変わっている」という思想が浸透していたので、当時の人たちはより共感を持って作品を読んだのだろう。

 

明治時代に日本に帰化し、その文化を研究した小泉八雲というギリシャ人は、日本人と西洋人の一番の違いは「前世の観念」だと述べた。

 

そして現代の日本人も、頭では「運命、前世なんて……」と思いつつも、どこかに「運命を感じてぞくぞくする」感性が残っているのかもしれない。

 

◇             ◇             ◇

 

「運命」「前世」に関わる作品としては、5月20日に公開される映画『君のまなざし』も要注目だ。キャッチコピーは「運命を変える、もうひとつの世界。」。

 

現代を生きる人たちを結ぶ、平安時代から続く深い因縁を解き明かす内容となっている。人生における出会いや、苦難・困難には必ず意味があることを感じられる映画だ。

 

【関連ページ】

映画「君のまなざし」公式ホームページ

http://kimimana-movie.jp/

 

【関連記事】

2017年3月16日付本欄 映画「君のまなざし」公開日決定 予告編&ポスターも公開

http://the-liberty.com/article.php?item_id=12719

タグ: 君の名は  赤い糸  前世  古典文学  源氏物語  陰陽師  光源氏  平安時代  君のまなざし  

大川隆法 IN 東京ドーム

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


上記のフォームから、本会場・東京ドームへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

・幸福の科学 未会員

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※会員の方は所属の支部でお申し込みください。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※未成年の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


QRコードを読み取り、そのまま空メールを送信いただいても結構です。

講演会のウェブ予約は 7月29日(土) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
「守護霊とは何か」動画はこちらをクリック
新宗教15の疑問 - Part2 幸福の科学への14のギモンを検証する
いますぐ有料購読する
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language