今週から始まる「プレミアムフライデー」の何が問題か?

 

いよいよ今週24日から、月末の金曜日の仕事を早く終える「プレミアムフライデー」が始まる。政府が消費活性化と働き方改革を同時に進めるために打ち出した政策だが、実際にうまくいくどうかは疑問だ。

 

第一生命経済研究所によれば、プレミアムフライデーの経済効果は、大企業で導入された場合、1日当たりの経済効果は135億円。中小企業を含めて完全実施されれば、最大1,236億円が見込まれるという。

 

一見すると、低予算で経済効果を上げる"良策"に見えるが、効果を疑問視したり、デメリットを指摘したりする人がいる。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language