トランプ氏はオバマ氏の政策を180度転換? 両大統領の思想を分けるもの

 

今月20日に2期8年の任期を終えて退任するオバマ米大統領が、シカゴで退任演説を行いました。

10日夜(日本時間11日午前)に行われたオバマ氏の演説の要旨は以下の通りです。

 

  • 「米国は(移民など)新参者によって弱まることはなかった。彼らは米国の教義を受け入れ、それを強化している」と、多様性や相違を超えて結束することの重要性を強調。

 

  • 「民主主義は、当然視した時に脅かされる」と、民主主義の維持に取り組むことを促した。

 

  • 医療保険制度改革(オバマケア)を実現したことにも言及し、「2千万人の市民が医療保険の権利を得た」と、その成果を強調。

 

  • 「失業率は10年ぶりの低い水準に近い」と、リーマン・ショック(2008年)後の景気回復に成功したことを挙げた。ただし、「上位1%の人がより多くの富や所得を得る一方、あまりに多くの家族が置き去りになっている」と、格差是正は道半ばとの認識。

 

  • キューバとの国交回復に加え、「1発も発砲することなく、イランの核兵器開発を停止させた」と語り、軍事的な手段ではなく、外交努力によって問題解決をしたと胸を張った。

 

 

トランプ「オバマの遺産の多くを廃止」

一方、20日からアメリカ大統領に就任するドナルド・トランプ氏は、選挙期間中からオバマ氏とほぼ真逆の政策を掲げていました。トランプ政権で大統領報道官に就くショーン・スパイサー氏は、トランプ氏が就任初日に、オバマ氏の政策の多くを「廃止する」と明かしました。その対象は「経済成長や雇用創出」に悪影響を与えた政策です。

 

トランプ氏は、アメリカをどんな国にしようとしているのでしょうか。政策ごとに見ていきましょう。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language