来日特別インタビュー - 自由主義者から見た現代の経済問題 自由とは「すべきことをする権利」

来日特別インタビュー - 自由主義者から見た現代の経済問題 自由とは「すべきことをする権利」

 

2017年2月号記事

 

来日特別インタビュー

 

アクトン・インスティテュート・ディレクター

キショア・ジェヤバラン

プロフィール

(Kishore Jayabalan) アメリカ・ミシガン大学で政治学および経済学の学位を取得。ワシントンの労働統計局で国際エコノミストとして勤務した後、トロント大学で政治学の修士号を取得。国連オブザーバーなどを経て、現在、自由主義を掲げるシンクタンク「アクトン・インスティテュート」のローマ支部ディレクターを務める。

自由主義者から見た現代の経済問題

自由とは「すべきことをする権利」

 

経済的自由と信仰との両立を目指して活動するシンクタンクの専門家に、TPPやイギリスのEU離脱について話を聞いた。

(編集部 長華子)

 

 

――はじめにアクトン卿の思想とあなたのシンクタンクについて教えていただけますか。

ジェヤバラン氏(以下、ジ): アクトンは、19世紀のイギリスの歴史家で、「権力は腐敗しやすい。絶対権力は絶対に腐敗する」という言葉が有名です。まとまった著作を遺したわけではないので、一般にはよく知られていませんが、政治や宗教、自由について探究しました。

 彼は、自由とキリスト教は切っても切れない関係にあると考えていて、「宗教を取り去ることで人間は自由になる」というフランス革命の主流派の考えに真っ向から反対していました。その根底には、自由とは、「したいことをする権利」ではなく、「すべきことをする権利」だという考えがありました。

 私の所属するアクトン・インスティテュートは、こうした彼の自由についての考えを経済に適用すること、そして、宗教的リーダーに経済思想を学んでもらうことを目的として創られたシンクタンクです。

 先日、アメリカで、我々のシンクタンクの役員を10年務めたベッツィー・デボス氏が、ドナルド・トランプ次期米大統領に教育長官として選ばれました。彼女は学校間の競争を促すバウチャー制度を広げるなどして、教育界に自由主義的な改革を実現していくでしょう。

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年2月号記事  インタビュー  キショア・ジェヤバラン  アクトン卿  トランプ  EU離脱  移民  HSU  

Menu

Language