イタリア経済危機はカトリックの教えが原因!?

 イタリアの中央銀行。

 

多額の不良債権問題を抱えるイタリアの銀行の最大手「ウニクレディト」がこのほど、130億ユーロ(1兆6000億円)の増資計画を発表。この増資をもとに財政を強化し、経営再建を進めるとしている。

 

最大手の銀行ですら、経営危機に直面するイタリア。行き詰まる銀行の姿が象徴するように、現在のイタリア経済は不調が続いており、ヨーロッパでは、イギリスのEU離脱の次に大きな問題と言われている。

 

その原因として、イタリアが1999年に「ユーロ」を導入して以降、労働の生産性が向上していない点、また、同国政府が行っている緊縮財政が、経済に悪影響を与えているなどの指摘がある。

 

一般的には、こうした分析により、イタリア経済が不調であると説明されているが、それだけでは十分ではない。実は、同国がカトリック教国であることが、水面下で影響しているという見方もある。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language