公職選挙法でみんな捕まる!? - 選挙が危ない 2

公職選挙法でみんな捕まる!? -  選挙が危ない 2

 

2016年10月号記事

 

選挙が危ない

 

公職選挙法でみんな捕まる!?

 

選挙戦のルールを決める公職選挙法(公選法)は理不尽なルールのオンパレードだ。

(編集部 小川佳世子)

 


contents


 

 選挙が近づくと目にする選挙カー。なぜ単調なフレーズばかり、騒がしく繰り返すのか? 実はこれ、公選法と関係がある。選挙カーは候補者名を繰り返すことくらいしかできないのだ。

 公選法は、選挙運動を経験しない人にはほとんど縁がない。だが、政治家を選ぶ仕組みやルールを知ることは、「政治参加の自由」を守るためにも大切だ。

 

 

新人は立候補すべからず?

 政治家の中でも特に国会議員は、世襲議員もしくはタレントなど知名度の高い人が多い。その理由の一つが公選法にある。

 日頃から議員としての活動を報じてもらえる現職議員と違い、新人候補は名前をアピールする機会が少ない。それなのに限られた期間しか投票依頼ができず、選挙で支持を得るために地域のお宅を訪問することもできない。

 なぜ訪問できないのか。総務省選挙課によれば、「買収の温床になりやすい、訪問される側が迷惑、それから候補者の負担にもなるからです」とのこと。

 国政選挙に立候補した女性はこう語る。「政策を理解していただき、有権者がお困りのことを知るには、お宅を訪問してお話しするのが一番です。なぜそれを規制されるのでしょうか」

 新人候補者が出てきにくい状況では、国民の選択肢は限られてしまう。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

選挙にかかわることが罪?

バカバカしすぎる公職選挙法

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年10月号記事  選挙  公職選挙法  理不尽  グレーゾーン  政治参加の自由  制限  

Menu

Language