「Reversed Destiny」 - リバティWeb シネマレビュー News

「Reversed Destiny」 - リバティWeb シネマレビュー News

 

2016年10月号記事

 

リバティWeb シネマレビュー

News

 

「Reversed Destiny」

 

生まれ変わりで人種の違いを乗り越える

【スタッフ】
製作・監督・脚本・編集/清田英樹
【キャスト】
出演/ウィリアム・ジョセットほか
【公開日】
映画祭出品中のため日本公開は未定

 

清田英樹氏

 生まれ変わりや人種差別をテーマにした短編映画「Reversed Destiny」が、2016年7月のユナイテッド国際映画祭で「最優秀ドラマ映画賞」を受賞した。

本作の脚本・監督などを務めた清田英樹氏は授賞式で、「人種の違いによって起きる事件をなくすために、大川隆法・幸福の科学総裁の教えをもとに製作しました」と語った。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 2016年10月号記事  Reversed Destiny  清田英樹  生まれ変わり  ユナイテッド国際映画祭  

Menu

Language