菅政権に欠けているのは「外交の鉄則」だ【動画】

菅政権に欠けているのは「外交の鉄則」だ【動画】

「日米同盟の重要性協調」米太平洋軍司令官と会談する菅首相(首相官邸:2010/8/24)
 

尖閣ビデオを隠し続けた弱腰政権を国師が叱る

イントロダクション: 原理原則なき“場当たり国家”、日本

 

 政府が一致団結、毅然として外交問題に当たる――今の民主党政権からいちばん遠いのが、そんな姿だ。

尖閣事件では「国内法に基づき対処する」と述べたにもかかわらず、中国からの圧力に屈し、たちまち法律を曲げて船長を釈放。

これで諸外国の信用を失い、ますますナメられることになった。

4日には尖閣ビデオがネットに流出し、中国側の非を知りながらビデオ公開を避けていた菅政権の腰抜けぶりが世界にさらされた。

さらに、このタイミングを突いて11月1日、ロシアのメドベージェフ大統領が北方領土を訪問。

前原誠司外相は中露大使を一時帰国させて抗議の意思を示したが、仙谷由人官房長官らはアジア太平洋経済協力会議(APEC)でのメ大統領との首脳会談を期待して「柳腰外交」を続けている。

 方針も貫かず閣内一致もない、ただただ場当たりで事なかれ主義の対応。

要するにこの国には、外交の軸となるべき「原理原則」が欠けているのだ。

 国師・大川隆法総裁は10月31日、県知事選を控えた沖縄で「この国を守る責任」と題する説法を行い、外交の鉄則の必要性を強く主張。

憲法9条をかつぐ左翼的平和主義者に痛烈な逆提案をし、戦後日本の道を誤らせた「吉田ドクトリン」について政治学者もマスコミも点検したことのない間違いを指摘した。

今後の外交・国防論議の急所となるべきその内容の一部を、次ページからお伝えする。

【動画は4ページ目】

 

※動画は携帯電話ではご覧いただけません。

 携帯電話の方は、同じID・パスワードでパソコン、スマートフォンにログインしてご覧下さい。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 動画記事  The Perspective動画  外交  尖閣  船長  ビデオ  中国  弱腰  政権  国師    仙谷  鉄則  国家  日本  沖縄  政治  吉田  ドクトリン  戦後  マスコミ  

Menu

Language