日本の金融は、社会主義だった――世界中にお金を循環させる方法 - 編集長コラム

日本の金融は、社会主義だった――世界中にお金を循環させる方法 - 編集長コラム

 

2016年9月号記事

 

編集長コラム Monthly Column

 

日本の金融は、社会主義だった

――世界中にお金を循環させる方法

 

 

「アベノミクスを一層加速せよとの力強い信任をいただいた」

 安倍晋三首相は7月の参院選勝利の意義をこう語った。

 アベノミクスは日銀による金融政策以外、目立った動きはない。日銀がせっせと1万円札を刷って、毎年80兆円分の国債を市場から買い取っている。その買い取り額が来年には日本の国内総生産(GDP)の500兆円を超えようとしている。

 大川隆法・幸福の科学総裁は6月の法話「勇気ある決断」で、アベノミクスの限界を指摘した。

「500兆円というのは日本人の経済活動によって生まれている売上です。全売上の合計と、日銀が買い支えている日本国債の金額とが、来年一緒になるのです。これは、どう考えても危険水準に達しているわけです」

 日本の経済活動以上に紙幣が刷られるのは異常事態。アベノミクス崩壊のカウントダウンが始まっている。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

"血流"が滞る日本経済

金融庁からの「指示待ち」

BIS規制という統制経済

トンデモ技術のための国策銀行を

イノベーションへの「新しい選択」

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年9月号記事  編集長コラム  金融  社会主義  お金  循環  綾織次郎  アベノミクス  安倍首相  金融庁  BIS規制  統制経済  新しい選択  

Menu

Language