もう一度会いたい幽霊の話 死は永遠の別れではない

もう一度会いたい幽霊の話 死は永遠の別れではない

 

2016年9月号記事

 

もう一度会いたい幽霊の話

死は永遠の別れではない

 

誰しも、幽霊には一度だって会いたくない。

しかし、もし、亡くなった自分の大切な人が、

自分を見守ってくれているとしたら───。

(編集部 大塚紘子)

 

「母が亡くなったばかりなので、映画みたいな死後の世界がほんとにあったらいいなぁって思います」

 これから友達と遊びに出かけるという、あどけなさが残る10代の男子学生は、渋谷で行った本誌のアンケートにこう答えた。

 最近、ドラマ「お迎えデス。」や絵本『ママがおばけになっちゃった!』など、霊やあの世を扱う作品が増えている。映画「黄泉がえり」や「いま、会いにゆきます」などのヒット作もある。

「死」は、愛する者同士を無理やり離れ離れにする。どんなに避けようとしても、どんなにずっと一緒に暮らしたいと思っていても、あらがえないものだ。「死んだ後も霊として生き続ける」と信じる人にとっても、愛する家族と死別する悲しみは大きい。

 しかし、その悲しみの中に美しい何かを感じるのも、人生の真実ではないだろうか。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

愛する人との死別

医療者が見た家族の絆伝えたいのは「ありがとう」

被災者が語る「思い残す」霊たち

渋谷・街頭インタビュー

世界中で報告される「過去世」を語る子供たち

人は魂を光らせるために生まれ変わる

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年9月号記事  幽霊  死別    看取り  被災者  震災  霊体験  生まれ変わり  過去世  池川明  著名知識人  

Menu

Language