はじめての「靖国」 大学生が読む特攻隊の遺書 Part.2

はじめての「靖国」 大学生が読む特攻隊の遺書 Part.2

 

2016年9月号記事

 

はじめての「靖国」

大学生が読む特攻隊の遺書

 


contents

はじめての「靖国」 大学生が読む特攻隊の遺書

はじめての「靖国」 大学生が読む特攻隊の遺書


 

明星大学

戦後教育史研究センター

勝岡寛次

(かつおか・かんじ) 1957年広島県生まれ。早稲田大学第一文学部卒、同大学大学院博士課程修了。近著に『歴史の急所』(HS政経塾刊)がある。

 靖国神社を訪れた2人は、共に19歳。1人は帝京平成大学1年でバスケが得意な赤澤知幸さん。「ほとんど戦争を知らないので、日本の過去を少しでも知れたらいい」とポジティブ。

 もう1人はハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)2年の高橋志織さん。勉強熱心だが、高校で日本史を選択しておらず、本人曰く「歴史はそれほど得意ではない」。

最寄りの地下鉄・九段下駅から坂を登り、大鳥居をくぐると、直径1・5メートルもの菊の御紋が掲げられた神門(右写真)が現れる。

「立派な門だね」と口にしながら、2人は緊張した面持ちで神門をくぐり、その先にある拝殿で参拝。戦争に関する資料を展示する靖国神社内の遊就館に向かった。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

勉強も恋もしたかったはず

夫のために自殺を遂げた妻

特攻は強制か?

沖縄戦で特攻した元プロ野球選手、渡辺静少尉の遺書

靖国神社ってどんな神社?

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年9月号記事  靖国神社  若者  勝岡寛次  著名知識人  HSU  特攻  遺書    

Menu

Language