働く意味は、障害者が教えてくれた

働く意味は、障害者が教えてくれた

日本理化学工業の川崎工場。凛とした空気が流れ、各人はそれぞれの作業に集中する。

 

2016年9月号記事

 

働く意味は、障害者が教えてくれた

 

人はなぜ働くのか。仕事の本質を、働く障害者を通じて考える。

(編集部 河本晴恵)

 

 

焼きあがったチョークの数を揃え、梱包する工程を担当する従業員。

 

 

 障害を持って生きる人を、社会はどう支援していくべきなのか。「手厚い保護が必要」という考え方もあるでしょう。しかし、それは果たして全ての障害者にとって幸福なのでしょうか。

 

 

福祉施設の限界

 一般の企業で働けない重度の障害者の多くは、「共同作業所」と呼ばれる福祉施設に通っています。多くの施設では、ラベル貼りや小物の作成などの内職や、食品販売を行っています。

 しかし、雇用契約のない共同作業所に通う障害者の月収の平均はわずか1万円程度で、自立はかなり難しい額です。

 脳性マヒで思うように体を動かせない障害を持ち、福祉施設に通ったことのある大阪府在住の山中康弘さん(35歳)はこう話します。

「福祉施設で行う"仕事"も、趣味の延長のようになっています。例えばカバンをつくるにしても、外で売れないので収入になりません」

 障害者がどんなに働いても、市場で売れる商品やサービスを提供できなければ、障害者の収入の増加にはつながりません。

 ボランティアで運営されている福祉施設も多い一方、政府から多額の補助金を得ている施設もあります。ただ、本来は働いて自立するために利用する施設のはずが、障害者の居場所の役割を果たすだけになっている例も少なくありません。

 広島県に住むある障害者の保護者は、「私にもしものことがあったら、と思う。娘には何とか手に職をつけてもらいたい」と話します。

 今回は、障害者やその支援者というそれぞれの立場から、本当に必要な支援のあり方を考えます。まずは、重度の知的障害者の就労が当たり前ではなかった時代、道を切り開いた企業の事例を紹介します。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

障害者雇用のさきがけ

働く喜びを提供するには

なぜ、障害者は働きたいのか

誰もが何かを与えるために生まれてくる

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年9月号記事  障害者  働く意味  福祉施設  障害者雇用  大山泰弘  新しい市場  坂本光司  自立  働く障害者  使命  著名知識人  

Menu

Language