目撃談を語る芸能人たち 「UFOはある」が常識になる日は近い

 

UFOについて語る芸能人が増えています。

 

俳優の玉木宏さんは5月、日本テレビのバラエティ番組で、「僕は(UFOを)信じるんです」と、次のように語りました。

 

「中学生の時、ある友達がUFOを見たんです。光がワーッと降りてきて、その子は連れ去られてしまったそうで。(中略)その子は因数分解ができなかったのに、できるようになった」

 

番組は、UFOを信じる人たちをからかうような雰囲気で進んでいましたが、それを覆すような発言でした。

 

人気アイドルグループTOKIOの長瀬智也さんも6月、フジテレビのバラエティ番組で「UFOを見た」と語りました。

 

長瀬さんは、飛行機から太平洋上にUFOらしきものを発見し、写真を撮ったそうです。ところが後日、写真を保存したパソコンを見てみると、その写真のデータだけが消えていたといいます。友人にデータを復旧してもらい、専門家に見せたところ、「軍事的なものとしたらあり得るかもしれない」と言われたことを明かしましたが、UFO説を捨てきれない様子でした。

 

また俳優の藤原竜也さんも6月、映画の吹き替え版の公開収録の場で、初めてUFOを目撃したと明かしています。「銀色のおそろしく光るものが、上空に停止していた」と話しました。

 

 

「UFOはある」が常識になる

どうやら、日本でもUFOについて語ることが、「普通」になってきたようです。体験を語る本人の真面目な様子や、カットされずにオンエアされたことから考えると、UFOや宇宙人を「キワモノ」扱いしてきたメディアの空気が変わってきたのでしょうか。

 

UFOを目撃した経験のある日本人が多いのも事実です。今、それが少しずつ、日の目を見るようになってきています。「UFOはある」ということが、日本でも常識になりつつあるのです。

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 『ザ・コンタクト』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1531

 

【関連記事】

2016年6月号 エイプリルフールに幽霊と宇宙人のジョーク 目に見えない存在を本当はみんな信じてる!? - ニュースのミカタ 3

http://the-liberty.com/article.php?item_id=11241

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language