長時間労働は健康を害するからいけない50.9% でも「仕事が喜び」なら?

長時間労働は健康を害するからいけない50.9% でも「仕事が喜び」なら?

 

仕事は苦役か、それとも喜びか。

 

朝日新聞デジタルが行った正社員の働き方についてのアンケートで、「長時間労働は、なぜいけないか」「長時間労働を減らすには、どうしたらいいか」などについての意見が集まった。計403人が回答している(朝日新聞デジタル「働き方、どう変える?」)。

 

「長時間労働が、なぜいけないか」については「心身の健康を害する」が50.9%と半数以上を占めた。次いで「家庭と仕事を両立できない」が22.6%だった。また、「長時間労働を減らすには、どうしたらいいか」に対しては、「会社が仕事や評価の仕方を見直す」が37.5%。「国の規制を強める」25.1%と国や政府が改善することを求める回答も目立った。

 

アンケートに答えた人たちからは「残業代がまともに支給されない」「休暇は『正当な理由』がないとなかなか取れません。年に数日はどんな理由でも気兼ねなく休めるような文化がほしいです」といった意見が寄せられている。

 

 

「仕事をすること自体が幸福」という見方

もちろん、成果につながらない長時間労働には改善の余地がある。しかし、中には休日返上で働いて会社の危機を救ったり、新規事業の立ち上げや作品の創作のために全力を尽くすための長時間勤務もあり、一律には否定できない。

 

昨今の「ブラック企業批判」において長時間働くことを「悪」とする見方の背景には、「仕事=苦役」ととらえる見方が見え隠れする。そんな中、現代の日本人にとって示唆に富む、「仕事をすること自体が幸福」という幸福論がある。 19世紀に「スイスの聖人」と呼ばれたカール・ヒルティ(1833~1909)の代表的著作である『幸福論』だ。

 

ヒルティは弁護士、大学教授、政治家などを務め、敬虔なクリスチャンでもあった。ヒルティの『幸福論』は「仕事論」から始まっており、「ひとを幸福にするのは仕事の種類ではなく、創造と成功のよろこびである」と述べた。どんな仕事でも真剣に創意工夫し、成果を生むことで、仕事は楽しくなるとしているのだ。

 

 

どちらが幸福?「嫌々仕事」と「喜んで仕事」

大川隆法・幸福の科学総裁は2012年、カール・ヒルティの霊を招霊し、霊言を行った。その内容を収録した『ヒルティの語る幸福論』で、ヒルティの霊は仕事をする人には「嫌々、仕事をしている人」と「喜んで仕事をしている人」の2種類あるとした。

 

ヒルティの霊は、「嫌々、仕事をしている人」は、「仕事自体を税金のように思い、人間として生きていくため、食べていくためにしかたがないので、苦役としてやっていて、余暇の方に関心がある」と指摘。一方、「喜んで仕事をしている人」は、「お金ではなく仕事そのものが報酬であり、よく仕事をすればするほど、もっとやりがいがあって、もっと多くの人に影響を与えられる仕事ができる。それが『人生の報酬』なのだ」と考えるという。

 

自分の仕事の素晴らしいところは何か、そして、より良い仕事をするにはどうすればいいか。仕事を通じて幸福になる道に目を向けるうちに、毎日の仕事のやりがいが高まるだけでなく、さらにやりがいがある仕事への道が開けるかもしれない。(朗)

 

【参考書籍】

幸福の科学出版 『ヒルティの語る幸福論』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1232

 

幸福の科学出版 『人間にとって幸福とは何か 本多静六博士 スピリチュアル講義』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1179

 

【関連記事】

2014年10月号 「「黒字ブラック企業を目指せ!」」

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8319

 

2016年3月25日付本欄 働き方に口を出す安倍政権 それが倒産や失業者を増やす

http://the-liberty.com/article.php?item_id=11119

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 長時間労働  仕事  正社員  残業  カール・ヒルティ  報酬  幸福論  休暇  

Menu

Language