習近平氏が北朝鮮の幹部と会談 いま日本が、台湾やロシアとやるべきこと

習近平氏が北朝鮮の幹部と会談 いま日本が、台湾やロシアとやるべきこと

 

習近平国家主席が、中国を訪問中の北朝鮮の李洙墉(リ・スヨン)朝鮮労働党副委員長と、北京で会談した。李氏は金正恩・党委員長の側近として知られており、習氏がこうした北朝鮮の高官との会談に応じるのは、2013年以降、初めてのことだ。

 

報道によると、李氏は、5月上旬に開かれた朝鮮労働党大会の結果を報告。さらに、「朝鮮半島や北東アジアの平和と安定を維持するために、北朝鮮は中国と共に努力して、両国の友好関係を強化したい」という金氏からのメッセージを伝えた。

 

 

中国が、北朝鮮に核実験の自制を促した!?

これを受けて、習氏は「両党の友好関係を重視していることを示している」と述べたが、一方で、核開発の姿勢を崩さない北朝鮮に対して、核実験などの自制を促したものとみられている。

 

北朝鮮の水爆実験やミサイル発射実験によって、中朝関係は冷え切っていたが、いまなぜ、このような「歩み寄り」が行われたのか。両国の足元を見れば、明らかになってくる。

 

 

体制崩壊を防ぐための歩み寄り

北朝鮮は、水爆やミサイルの実験を繰り返している。その一方で、国内では、食糧難に見舞われている可能性を、4月、国連食糧農業機構(FAO)が発表した。その前の3月には、国営メディアが、北朝鮮国民に対して、「苦難の行軍」に備えるよう訴えている。

 

この「苦難の行軍」は、1990年代に起きた大飢饉の際に使われた言葉。当時、350万人が餓死したと言われている。軍の幹部や一度に多数の人が脱北するケースもあり、北朝鮮内部で異変が起きていると思われる。

 

一方、中国は、経済の低迷で不満を抱える国民に対して、厳しい統制を行っている。対外的には、北朝鮮を手なずける様子を見せることで、国際社会に、影響力を誇示。もちろん、簡単に北朝鮮を崩壊させては、民主主義国との「緩衝地帯」が失われてしまう。「防波堤」の役割として、なるべく、金正恩体制を温存させたいという思惑がある。

 

北朝鮮、中国ともに、体制の崩壊を防ぐために、互いに支え合う「パートナー」を必要としている状況なのだろう。

 

 

日本が、台湾、東南アジア、ロシアとやるべきこと

こうして中朝がバタバタしている間に、日本がやるべきことはたくさんある。

 

台湾を「国」として認めたり、東南アジア諸国に軍事的な協力をして南シナ海を守ったり、中朝の背後からプレッシャーをかけるためにロシアと平和条約を結んだり……。いまこそ、外交・防衛の面から、「対中国・対北朝鮮包囲網」を築いていくべきだ。(慈)

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 『北朝鮮 崩壊へのカウントダウン 初代国家主席・金日成の霊言』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1677

 

幸福の科学出版 『プーチン大統領の新・守護霊メッセージ』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1148

 

【関連記事】

2016年5月18日付本欄 ASEANも「中国怖い」 期待される日本の介入

http://the-liberty.com/article.php?item_id=11338

 

Web限定記事 北朝鮮党大会に併せ、故・金日成が霊言で弱音を吐露

http://the-liberty.com/article.php?item_id=11299

 

2015年7月10日付本欄 BRICS首脳会議で中露接近 日本はロシアとの関係を強化し中国包囲網を固めるべき

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9882

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 習近平  北朝鮮  会談  李洙墉  核実験  体制崩壊  緩衝地帯  包囲網  外交  防衛  

Menu

Language