自民党の正体 - 借金1000兆円になった理由とは?

自民党の正体 - 借金1000兆円になった理由とは?

写真:AP/アフロ

 

2016年7月号記事

 

借金1000兆円になった理由とは?

自民党の正体

 

自民党は、「国の借金1000兆円」と言う。

しかし、このほとんどは自民党政権でつくられた「自民党の借金」だ。

ここまで増えてしまった背景には何があるのか。

選挙前に知っておくべき「自民党の正体」とは。

(編集部 大塚紘子)

 

 

Contents

データで見る自民党

1000兆円の借金を築いた「自民党幕府」 p.20

 

建設 許認可で票を集める p.22

農業 農業改革で「補助金漬け」はなくなるか p.26

医療 年間40兆円の医療費は減らせるか p.28

年金 バラまかずにはいられない自民党 p.30

 


contents

 

 

データで見る自民党

 

1000兆円の借金を築いた「自民党幕府」

 

 巷では、田中角栄ブームが起きている。角栄氏と言えば、お金で政治を動かす「金権政治」のイメージがある。ただ、高度経済成長を支えた政治手腕は、高く評価されるべきだろう。

 実は、現在の借金体質をつくった大きな要因は、田中政治やリクルート事件などの金権政治の反省のもと、1994年に導入された選挙制度「小選挙区制」だ。それまでの中選挙区制では、大半の選挙区で複数の当選者が出るので、特定の業界から支援を得れば、一定の票数を確保でき、選挙に勝てた。

 一方の小選挙区制では、1つの選挙区で1人しか当選しない。自民党は、特定の業界と結びつくだけでは当選できなくなり、業界との癒着は弱まった。だがその代わりに、国民へのバラまきに力を入れたと言える。その結果、94年以降の借金の推移を見れば明らかなように、借金は急増し、今や1千兆円を超えた。GDPも横ばいが続いている。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

許認可で票を集める自民党

企業献金が減って、税金を“収入"にした自民党

自民党の農業改革で「補助金漬け」はなくなるか

年間40兆円の医療費を減らせない自民党

バラまかずにはいられない自民党

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年7月号記事  自民党  借金  1000兆円  バラマキ  集票  票田  建設  農業  医療  年金  税金  企業献金  許認可  補助金    

Menu

Language