慰安婦像の設置を阻止したサムライが語る─ - 母親たちだけで戦わせるわけにはいかない - 山岡鉄秀 インタビュー

慰安婦像の設置を阻止したサムライが語る─ - 母親たちだけで戦わせるわけにはいかない - 山岡鉄秀 インタビュー

2016年7月号記事

 

Interview

 

慰安婦像の設置を阻止したサムライが語る──

母親たちだけで戦わせるわけにはいかない

 

AJCN代表

山岡鉄秀

プロフィール

(やまおか・てつひで) 1965年東京都生まれ。オーストラリア在住の日本人を中心にAJCN(Australia-Japan Community Network)を結成し、歴史戦を戦っているビジネスマン。

オーストラリアで一昨年、中国と韓国の民間団体による「慰安婦像の設置運動」を阻止した日本人のサムライに、最新の「歴史戦」の状況を聞いた。

 

 日本では、昨年末に慰安婦問題をめぐる「日韓合意」が結ばれて以降、歴史問題が沈静化していると思っている向きがあります。しかし、日本のマスコミが海外の問題を報じていないだけで、オーストラリアでは、韓国や中国の反日活動がいまだに続いています。

 今年1月以降、ブリスベンの日本総領事館前で毎週水曜日、十数人の韓国系住民が「日本は慰安婦に心から謝罪せよ」と書いたプラカードを掲げて反日デモを行っています。

 3月には、シドニー中心部にあるハイド・パークで、韓国人女性たち10人が、民族衣装のチマチョゴリ姿で「日本軍の性奴隷を許すな」とアピールしました。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年7月号記事  Interview  著名人  山岡鉄秀歴史戦  オーストラリア  慰安婦  ビザ  韓国  謝罪  

Menu

Language