ポーランドで脳死状態の患者が出産 死の定義とは何か

 

脳死と判定されたポーランド人が延命治療を行った55日後に出産したことを、病院関係者らがこのほど、明らかにした。AFP通信が報じている。

 

女性は妊娠中だった昨年末、脳腫瘍による脳死状態と判定された。その後、新生児は1月の妊娠26週目に帝王切開で生まれた。出生時の体重は1キロほどだったが、3カ月間集中治療を受け、3キロまで増えた。合併症が見られないことから、新生児は退院したという。

 

病院の担当者は、「17、18週目という初期段階から、こんなに妊娠状態を維持できたのは非常にまれ」と語っている。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language