未来産業のたまご 第4回 - 人がやらないことをやる──「海中ロボット共和国」の夢

未来産業のたまご 第4回 - 人がやらないことをやる──「海中ロボット共和国」の夢

浦氏の右のロボットは「BOSS-A」。2016年、水深1500メートルの海底で海底資源のコバルトリッチクラストの厚さを世界で初めて全自動で観測。BOSS-Aを使えば、コバルトリッチクラストの資源量の調査が「簡単に」できるという。

 

2016年6月号記事

 

海中ロボット研究者

浦 環

(うら・たまき)九州工業大学社会ロボット具現化センター長・特別教授。日本の自律型海中ロボットの研究をけん引する。

 

未来産業のたまご

 

第4回

人がやらないことをやる──
「海中ロボット共和国」の夢

 

海中はまだ謎が多く、人類の知らない世界が広がるフロンティアだ。ロボットによる海中探査の第一人者である浦環氏に話を聞いた。

 

「海底に『ロボット共和国』をつくるのが昔からの夢でした」

 こう語るのは、海中ロボットの研究者である浦環教授だ。子供のころ、マンガ『鉄腕アトム』を読んだ時に抱いた夢。それは──。

 海の底でロボットたちが忙しく働き、鉱物資源を含んだ岩を見つけて掘り出す。それを海底の工場で精錬し、バルーンで海面に上げる。人間が海底に潜ることなく、資源を船で日本へと運んでいく……。

 海底には、地上に量が少ないコバルトなどのレアメタル(希少金属)が眠っている。レアメタルは現在、ステンレス鋼や半導体レーザー、電池などに使われている。電子機器の性能向上はレアメタルにかかっているため、次世代の電気自動車や航空機、宇宙開発にも欠かせない"お宝"だ。

 それをロボットが海底から自動的に運ぶようになれば、資源の乏しい日本にとっては、まさに夢のような話だ

「10年くらいで実現の可能性が見えてきます」と浦氏は"豪語"する。

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年6月号記事  海中ロボット  浦環  海底  研究  アイデア  異分野  チャレンジ  フロンティア  

Menu

Language