シャープ買収の本当の狙い 鴻海に見る台湾企業の苦悩とは? - ニュースのミカタ 2

シャープ買収の本当の狙い 鴻海に見る台湾企業の苦悩とは? - ニュースのミカタ 2

鴻海を率いる郭氏はシャープ本社を訪れ、経営陣らと買収について協議した。写真:東洋経済/アフロ

 

2016年5月号記事

 

ニュースのミカタ 2

経済

 

シャープ買収の本当の狙い

鴻海に見る台湾企業の苦悩とは?

 

 

 経営不振が続く、日本の家電大手シャープを、台湾の鴻海精密工業(以下、鴻海)が買収するというニュースが話題になっています。ここには、表立っては報じられない、ある事情が隠れています。

 まず、鴻海がどんな企業なのか見ていきましょう。

 同社が設立されたのは1974年。アップルや任天堂など自社工場を持たない企業から、スマホなどの生産を請け負い、急成長してきました。

 鴻海の昨年の売上は約15兆円。これはシャープの売上の約5倍で、台湾のGDPの約3割に当たります。今や鴻海は、電子機器を受託生産する企業の世界最大手です。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年5月号記事  ニュースのミカタ  鴻海  シャープ  家電  買収  国民党  中国  

Menu

Language