なぜ宗教が「核装備」を訴えるのか―アジアの平和を守る外交・国防プラン - 編集長コラム - 日本も核装備を 2016年4月号記事

なぜ宗教が「核装備」を訴えるのか―アジアの平和を守る外交・国防プラン - 編集長コラム - 日本も核装備を 2016年4月号記事

 

2016年4月号記事

 

編集長コラム Monthly Column

 

 

なぜ宗教が「核装備」を訴えるのか

―アジアの平和を守る外交・国防プラン

 

 

 なぜ宗教が「核装備」を含む国防強化を主張しなければならないのか。

 日本やアジアの平和が日に日に脅かされていることが背景にはある。

 北朝鮮はすでに日本やアメリカを脅す核ミサイルを手にしている。中国は2月、南シナ海の西沙諸島にミサイルを配備し、南シナ海の支配を固めようとしている。

 


contents

 

 

2050年に米国を超える

 中国が目指しているのは、建国100周年の2049年にアメリカをしのぐ超大国になることだとされる。

 中国軍の方針や専門家の分析によれば、中国は次のような長期プランを進めている(下図)。

(1)2020年ごろに台湾を併合する。日本列島、台湾、フィリピンを結ぶ「第一列島線」の西側の東シナ海、南シナ海には米軍が干渉できないようにする。

(2)2030~40年ごろ、空母を6隻運用し、小笠原諸島、硫黄島、グアムを結ぶ「第二列島線」の西側の海域には米軍が干渉できないようにする。中東までのシーレーンも支配する。

(3)2050年ごろには、米軍をハワイまで後退させ、太平洋の西半分の支配権を握る。

 北朝鮮のほうは、核ミサイルを持って「金王朝」の体制維持を図ろうとしているが、それだけではない。「韓国に攻めこむ際に核兵器を使う」と分析する専門家もいる。つまり、核を用いて韓国を併合しようという目論みのようだ。

 中東ではシリアなどでの戦争が続いているが、アジアでは大国同士の大戦争や核戦争の危機が迫っている。

 

 

中国は何を目指しているのか?

 

中国のねらい(1)

2020年ごろ台湾を併合し、米軍が干渉できないようにする。

 

中国のねらい(2)

2030~40年 米軍が入れないようにする。

中東までのシーレーンも支配する。

 

中国のねらい(3)

2050年ごろ太平洋の西半分を支配する。

 

 

「9条信仰」の縛り

 これに対し日本は、「憲法9条信仰」に縛られている。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

「奴隷の平和」がやって来る

米軍が中国に屈する可能性

台湾有事はこうなる

どうやれば守れるか

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年4月号記事  日本  核装備  国防強化  中国  北朝鮮  9条信仰  台湾有事  平和  ヘリ空母  自由  

Menu

Language