2 分析 ヒトラーか? スーパーマンか? トランプの暴言の裏にアメリカの今が見えるアメリカ大統領選 トランプの正体 この暴言王は日本の友人か? Part 2

2 分析 ヒトラーか? スーパーマンか? トランプの暴言の裏にアメリカの今が見えるアメリカ大統領選 トランプの正体 この暴言王は日本の友人か? Part 2

 

2016年4月号記事

 

アメリカ大統領選

 

トランプの正体

この暴言王は日本の友人か?

 

 

2 分析

 

ヒトラーか? スーパーマンか?

トランプの暴言の裏にアメリカの今が見える

 

宗教差別や移民排斥ともとれる暴言を繰り返すトランプ氏は、「ヒトラーの再来」と批判されることも。にもかかわらず人気が衰えないのはなぜか。

(編集部 小林真由美)

 


contents

 

 

問題発言(1)

イスラム教徒入国禁止

「イスラム教徒のアメリカ入国禁止を要求する」

 トランプ氏は昨年12月、自身のウェブサイトでこう表明した。加えて、イスラム系アメリカ人をデータベースで管理し、モスクを監視することも提案している。

 これに対し、米国防総省は「過激派組織『イスラム国』を勢いづけ、アメリカの安全保障を脅かす」と警告。ホワイトハウスも「大統領になる資格がない」と批判した。

"炎上"は国内にとどまらない。イギリスでは、トランプ氏の入国禁止を求める署名が50万人を超え、議会で審議される事態に発展した。

 

 

トランプは「強いお父さん」

 しかし、こうした批判後もトランプ氏の支持率は上がった。ニュージャージー州に住む60代女性の話に、そのヒントがありそうだ。

「アメリカ人は強い大統領が好きなのよ。レーガンが人気だったのも、ベルリンでソ連のゴルバチョフに、『この壁を壊しなさい!』と言える強さがあったから。

 イスラム教徒を入国させないなんて滅茶苦茶なアイデアよ。でも、どれだけバカバカしい政策でも、『アメリカを守る』というメッセージが伝わってくるの。みんな、『強いお父さんが現れた!』と思ってるわ」

 昨年フランスでテロを起こした「イスラム国」はアメリカを標的にすると宣言している。これに対して具体的な対応策を打ち出せないオバマ大統領への失望感などが、トランプ氏への期待に変わっている面もありそうだ。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

「イスラム教徒を愛している」

不法移民問題

事情通に聞く大統領選 ボブ・ニューマン氏

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年4月号記事  トランプ  大統領選  アメリカ  イスラム教  不法移民  著名知識人  ボブ・ニューマン  

Menu

Language